沖縄のラーメン店の問題

沖縄のラーメン店で、「日本人お断わり」の貼り紙が……

これは、どうなのか?物議をかもしだしている。

たしかに、持ち込みしたお客さんが注意しても聞かずに食べ続けられたら

お店側としては腹が立っても仕方がないと思う。

その後、その青年はネットで悪口を書き込むという暴挙にでた。

これは、あきませんね。

僕が、その店主でも、怒りますよ。

しかし日本人お断わりは、やり過ぎたかなぁという感がある。

だけど、経営者として決めたことなので、それは仕方ない事や。

ラーメン屋といえば、たばこ厳禁や、しゃべってもダメというお店もある。

それは、店主が決めたことで行きたくなければ行かなければいいこと。

しかし、沖縄の店主は売り上げがかなり落ちたと、

悲しい顔をしていたように感じた。

こればかりは、自分がしたことやから自分で責任を取らんとあかん。

観光シーズンの9月まで日本人お断わりのようやけど

9月以降どうなるのでしょうか?

そして、観光シーズンは経営やっていけるのか?

他人ながら心配してしまいますね。

経営者の気持ちもわからないでもないけど

もう少し、やりようがあったのではないかとも思いますね。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)を販売しています。
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)



メニュー作り・POP作りに最適の筆文字講座


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です