鶏にこだわらず、どんな鶏でも美味しく焼け。

焼き鳥屋は、鶏にこだわり焼き鳥屋をやる。

名古屋コーチン、比内地鶏、阿波尾鶏など

みんなこだわりがある。

しかし、その仕入れはなかなか上手くいかないものである。

そうなると、どんな鶏でも美味しく焼かないといけない。

難しい事かもしれない。

しかし、どんな鶏でも味に特徴がある。

焼き方次第で、どんな鶏でも美味しく焼けるはず。

焼かないといけないのである。

確かに、銘柄鶏や地鶏は旨いかもしれない。

そやけど、ブロイラーの鶏でも旨いものはたくさんある。

ただ、その鶏にあった焼き方を知らないだけやと感じる。

みんな、焼き鳥屋をやるときに、鶏にこだわることでしょう。

僕は、鶏にこだわるよりも焼き方にこだわれと思う。

どんな鶏でも焼き方を研究すれば旨くなる。

難しいことかもしれないけど、本物の焼き師を目指すなら

自分の腕を上げることに集中するべきである。



★「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中


焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ




馬刺し欲しい人はこちらへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です