村田諒太の判断と勇気

この前の村田諒太の、ボクシング世界タイトルマッチ見ましたか?

勇敢に戦いましたね。

以前とは違い連打が出る様になったのが勝因です。

今までは、得意の右ストレートを決めるために

単調にワンツーしか打たなかった。

しかし、今回はワンツースリーまで打ち

そのスリーの左フックがよかった。

そして、右ストレートをボディに打ったのもよかったですね。

とにかく、「2Rで倒す」ラッシュをかけた判断はよかった。

2Rで、もし倒せなかったら村田は後半バテてガス欠になっていたかもしれない。

2Rで、あのラッシュをかけた判断と勇気が素晴らしいと感じました。

もう一度ミドル級のチャンピオンに返り咲いた村田選手

強いハートをもったボクサーですね。

感動しました。


★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
⇒「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中



焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です