焼き師を育てる。

昨日は、お客さんが少なかったのでアルバイトの子に焼き鳥の焼き方を教えた。

昨日は、まずは肝の焼き方しか教えることができなかったが、これから少しずつでも焼き方を教えていこうと考えている。

まずは、鶏の部位の特徴を知り1本1本を丁寧に焼く練習をする。

すべての鶏を焼けるようになったら、焼き台の前に立たせようと考えている。

1本だけなら美味しく焼くことは可能やけど、やはり営業中はたくさんの焼鳥をいっぺんに焼かんとあかんので、これには訓練がいる。

それと、僕がいつも言うのは愛情や。心や。

焼いた焼き鳥に、心がないと感動するような焼き鳥は焼けないのである。

高槻は、特に飲食店が多くて焼き鳥屋も非常に多い。

そんな中で、感動するような焼き鳥を焼けないとダメなんです。

そやから、これから焼き師を育てるのに心の部分をしっかり教えていきたいと思っています。アルバイトでも、いい焼鳥が焼けるように育てていきますよ。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です