完全予約制にした理由

完全予約制と聞けば、みなさん「お高くとまっているな」なんて思うかもしれません。

しかし、そうではないのです。

お店というのは、お客さんが来ようがどうしようが食材は仕入れないといけません。

お客さんが多く来れば問題はないのですが、来なかったときにどうするの?

食材は余ってしまい、廃棄しないといけないこともあるのです。

そうかと思えば、お客さんが多く来すぎて売り切れ続出でお客さんに迷惑をかけたり

忙しすぎて接客や料理のクオリティが下がってしまったりする。

アルバイトの人も多く抱えないといけないし、暇でもアルバイトの人は入れないといけない。

そうすると、お店は利益が増えない。

いつもあの店いっぱいで、かなり儲けているだろうなと思うかもしれない。しかし

お店は、資金繰りで「ヒーヒー」言っているという事は多くあります。

完全予約制にすれば、1人・2人のお客さんに集中していいサービスができるのです。

食材を注文する時も、予約分だけを注文すればいいのです。

ロスも無くなり、お客さんへのサービスも行き届きます。

コロナの影響で、人の行動、生活様式が変わる。

それにお店は対応しなければいけない。

予約が入らなければどうするんだという声が聞こえてきそうですが

そこは予約入れてもらえるように、集客の努力をすることだ。

常に考え、動くことが大事なんです。

人は、一人で出来ることはたかが知れている。

お店の調理を一人で20名様以上のお客さんの料理を作るなんて、到底無理な話なのである。

やはり、一人でクオリティの高い料理を出せるのは、せいぜい8人までですね。

こう考えると、完全予約制の良さがわかります。

 


コロナ禍に生き残る為の飲食店経営法マニュアルはこちら


息ラクラク、快適マスクご購入はこちら


焼き鳥開業に関する悩み、お店を開業したが売り上げが上がらないや、開業の手順がわからない という悩みがある人は、このお問い合わせフォームでお話を聞きます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です