メニュー表作りは、プロに頼まなくてもいい。自分で作る。

今までずっと、私はメニューは自分で手書きのメニューを作成していました。

現在まことやは、お店をコース料理専門店にしているので高級店の雰囲気のメニューに変えて

パソコンの文字で横書きで作成しています。

↓     ↓

 

今まではこんな感じで書いていました。

↓     ↓

どちらにしても、自分でメニューを作ると、明らかにコストが違ってくる。

プロに頼むと、デザイナーのようなプロに頼むと10万円~20万円くらいはかかる。

飲食店開業する時に、これくらい節約できればかなりいいですね。

飲食店開業時に、なるべく無駄なお金を使わずにおきたいものです。

そこで、私がお勧めしているメニュー作りの教材ですが、これは理にかなっている。

これは、私が作成した教材ではないのですがいい教材なので紹介します。

内容をザッと挙げてみますと

【売上が上がるメニュー表作り12のポイント】
1、あなたのお店のウリは何か?を明確にする 
 言葉で伝えなければ、お客様には分からない
2、看板メニューを明確にする  
看板メニューをアピールすることのメリット
3、売るべき商品と売るべきでない商品に分類にする  
売るべきでない商品とは?
4、最も売るべき商品を死ぬほど目立たせる  
死ぬほど目立たせるとは?
5、商品分類(カテゴリー)を工夫する 
調理法別、素材別だけではない
6、商品名を工夫する 
商品名を2回ひねる
7、商品説明文を入れる  
切り口は食材や調理法の説明ばかりではない
8、商品写真を載せる  
素人でも美味しそうに撮れるたった3つのポイント
9.商品サイズを工夫する  
客単価アップにつながる
10、価格を再検討する 
プライスラインの種類と主要5つの価格の構成比
11、客単価を上げることを考える
 関連商品のアピール、セット化、お土産

12、差し込みメニューを作る 差し込みメニュー利用のポイント

【もう一押しのテクニック】
価格の並べ方、アイコン、おすすめメニューのアピール法、ショルダーネームを工夫する等々

こんな感じで詳しく書かれています。

この教材は、メニュー作りのスタートとしては非常にいいと感じます。

お値段も1980円と安いので買って損はないですよ。

⇒購入はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です