謙虚こそが自分を育てる

僕は、焼き鳥屋の焼き師を35年やっていますが、今でも謙虚な気持ちで焼きています。

焼き師というのは、その一瞬一瞬が非常に大切なんです。

いくら経験があっても、「美味しく焼こう」「最高の焼き鳥を提供しよう」という謙虚な気持ちがないと感動する焼き鳥は焼けません。

どんな時も謙虚な気持ち忘れないようにしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です