焼き鳥を焼くだけではなくて何でもできるようになったのはいいこと。しかし、経営者としてお金のことも勉強しましょう

僕は、焼き師として35年やっているのは皆さん知っていることと思います。

しかし、焼き師というだけではなくて何でもできるようになりました。

それは何故かといいますと

お店のことはすべて1人でやってきた期間が長かったからです。

若い頃から1人で店長をしていて、メニュー作りから数字管理や手書き看板、筆文字書き、接客、教育などなど、そりゃ大変でしたが、今は、その苦労のおかげで何でもできるようになってきている。

しかし、僕は自分で、まだまだと思っているので、今でも勉強を続けている。

これでいいというものはないからです。

このコロナの時代は本当に生きていく事さえ厳しい時代

だから、学ばないといけません。常に新しい情報をキャッチしていかないと時代に置いていかれます。料理に関しても今までの自分の経験だけでは、時代についていけなくなるという不安がある。だから勉強して新しいものを創り上げていく。

それ以外にもお金に関する勉強も怠らない。

お金のことを知ることは経営者として一番大切なのです。

いくら料理が美味しくてお客さんがたくさん来ていたとしても、利益につながらなかったら同じなのである。

利益がないと、お店は潰れてしまうのです。

お客さんに喜んで頂いたぶんしっかり儲けないと商売は成り立たない。

僕自身店舗に関する事なら90%以上はなんでもできているからと言って安心はしていない。

僕自身の仕事は、自分が出来る事よりも自分が出来ることを人に教えるのが仕事なのである。

だから学び続けるのである。僕が学び続けないと、僕の元にくる弟子たちは能力を上げる事ができないのであります。

寝ている以外は、日々勉強である。今後飲食店で生き残りたいならお金の勉強をしましょう。

お金の勉強をすれば、必ずあなたの人生も変わってくるはずです。

ただお金持ちになることが目標ではありません。

お金があれば世の中に貢献できるのですよ。

僕は、今にも潰れそうな飲食店を助けるのが仕事なのです。

人を助けていこうと思ったら、お金が大事になるのですよ。

皆さんもお金についてもっと勉強しましょう。

そして一緒に目標に向かって頑張りましょう。

色々とお悩みはある事とおもいます。

そんな時はいつでもご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です