安売りなしで、チラシで集客することの重要性

今どき安売りのお店を多くみますね。昔ほど安売り戦争はないのですが、大手チェーン店は、やはり安いです。
しかも、料理もけっこういいものを安く提供しているチェーン店も
多くでてきています。資金力があるので、いろいろ魅力的なことを
やっていると思います。
個人店では、そんな安売り戦争に巻き込まれずに店主が
ポリシーをもって商売してほしいですね。
そこで、割引しないチラシでの集客というのを考えていきたいですね
たしかに駅前でのチラシ配りで思い切ったオファーを提供するのも
いいことだとは思います。しかしながら、安売りだけで来店された
お客様はその後は、そうそう続くものではありません。
その時安いという感情だけで来店しますからね。
しかし、店主の思いが込められたチラシの中に、お店の特徴や
一番の商品、そして店主のお店に対する思い入れやお客様に
対する思い入れなどをしっかり書いたチラシに
本当に共感して、興味をもって「このお店いってみたい」と思って
来店されたお客様ならきっと、常連さんになってくれるでしょう。
あくまでも、お店がその期待度を上回ったときですけど……
だから、チラシ1つにしても大切なんです。
経営者の皆様がこれから作るチラシは、本当の
経営者の方の思いがぎっしりと詰め込まれたチラシを
意識して作ってみてください。
そして、お客様のお店に対する不安を解決できるようなチラシで
ある必要もあります。宴会チラシなどは、やはり幹事さんの
お店選びに大切なものですね。
この宴会チラシを見れば、幹事さんの不安な気持ちや疑問点が
すべて解決できるようなチラシだったらどうでしょう。
無理な営業をしなくても、チラシで99%まで宴会が取れるんじゃ
ないでしょうか?一度実行してみてください。




セミナー情報・修業情報はこちら


飲食業界35年!前田誠二の無料メルマガ登録して情報をGET!
姓名必須 (姓)  (名)
フリガナ必須 (セイ)  (メイ)
メールアドレス 必須
性別 必須
年代 必須



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *