焼き鳥を焼くのが上手くなる方法は、自分の焼いた鶏をたくさん食べて研究することや

焼き鳥をおいしく焼き上げるコツというのは、ないといっても過言ではない。

最初は、焼き方の基礎を教わるが、結局は自分で焼いてみるしかないのです。

そして、自分が焼いた鶏を食べ続けることです。

食べて食べて食べまくって、自分で感じてみることです。

そして、焼くたびに自分で少しずつ焼き方や仕上げるタイミングを

変えてみて研究することが大事なんです。

何本も何本も焼いて食べることを繰り返すこと。

これが一番大事やと思っています。

自分も、自分が焼いた鶏は数えきれないほど食べてきた。

今でも、自分の焼いた鶏を食べて改善の余地がないかを研究している。

いつも完全ではないという思いがあるからや。

僕ら飲食店で働いている人達は、あまり外に食べに行く暇がない。

自分で色々と勉強をして、研究をしていかないと伸びないのである。

僕らくらいの経験者になると誰も教えてくれない。

自分で努力して学ぶしかないのであります。

僕自身、サラリーマンから焼き鳥屋に転職したけど誰も鶏の焼き方は教えてくれなかった。

お店の店長に聞いても、「愛情で焼きなさい」の一言だけでした。

その日から、自分で研究して自分の焼き方を確立してきた。

焼き鳥屋で31年やっているが、31年間誰にも教わっていない。

すべて、自分で学んできたんです。

だから、僕の元で焼き鳥修行して開業する人も今は基礎を学んでいるけど

結局は、すべて自分なんです。

独立して、自分のお店を経営するようになったら自分で努力して

勉強するしかないのです。

毎日、自分に満足せず納得せずに日々進歩してほしいですね。

 

 


セミナー情報・修業情報はこちら


飲食業界35年!前田誠二の無料メルマガ登録して情報をGET!
姓名必須 (姓)  (名)
フリガナ必須 (セイ)  (メイ)
メールアドレス 必須
性別 必須
年代 必須



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *