焼き鳥を焼く練習はイメージしながら焼きましょう。

焼き鳥修行を終えて、自分のお店で1週間くらいは焼く練習をする。

その時には、ただ焼いているだけではいけない。

常に、お客さんが来て注文していることを想定しながら練習しないといけない。

ボクサーがシャドーボクシングするときも、相手を想定して練習する。

それと同じである。

お客さんが入店して、注文していることをイメージすること。

このイメージするということが非常に大事である。

そうすることで、焼くことに集中できるのである。

このイメージの中で自信をつけて、オープンに挑めば

必ずとは言わないまでも、90%以上は上手くいくと思う。

イメージする⇒焼く

これを実践してみましょう。

 


セミナー情報・修業情報はこちら


飲食業界35年!前田誠二の無料メルマガ登録して情報をGET!
姓名必須 (姓)  (名)
フリガナ必須 (セイ)  (メイ)
メールアドレス 必須
性別 必須
年代 必須



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *