店長の仕事と考え方

店長の仕事は、凄く幅が広いんや。ただ料理ができるだけやったらあかんし、接客がええだけでもあかんのや。総合力をつけなあかんのやで。
店長は、寝てもさめてもお客さんの喜ぶことだけを考えるんや。
ほんでな、朝起きたら、「今日はこんなことしよ」「あんなことしよ」いうて考えるやろ。
ほんで、やること決めたら、お客さんの喜ぶ顔が浮かぶんや。ほんならワクワクしませんか?
ワクワクするやろ?それやがなそれっ!!そのワクワクが大切なんや。
そのワクワクを実行して、お客さんの反応みるのって楽しくないですか?
絶対楽しいはずなんや。今日はケーキ作ってみたからお客さんにサービスしてみよっ
て考えたらやったらよろしいやんか。なんでもやろうや。
今日は仕込みが少ないからいうて、ゆっくりせんと逆にはよお店にいってなんか
楽しいこと考えてみたらどないですか?そんなことを毎日やってるうちにお客さんは
増えてくるんや。お客さんの喜ぶ顔想像するからこそ、心のこもった料理もだせるし
心のこもった接客もできるんや。今やってることに心いれていこうや。


セミナー情報・修業情報はこちら


飲食業界35年!前田誠二の無料メルマガ登録して情報をGET!
姓名必須 (姓)  (名)
フリガナ必須 (セイ)  (メイ)
メールアドレス 必須
性別 必須
年代 必須



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *