飲食店個人店の方は、もう安売りはやめて下さい。

飲食店をしていると、どうしても他のお店と比較しがちになります。

あのお店は安いから流行っていると、自分のお店も安くしてしまう……

いつも、お客さんでいっぱいの安いお店が必ず利益がでているかどうかはわからない。

 

安いということは、原価率が高いということですね。

その安いのが適正価格なら問題はないでしょう。

 

そやけど、原価を気にせずに安売りしているなら今すぐ安売りはやめましょう。

個人店の安売りは危険だということ知りましょう。

 

大手チェーン店には、安さでは勝てない事を知りましょう。

 

個人店の場合は、しっかりと適正価格で売ることを心掛けましょう。

大手との価格競争に巻き込まれると必ず、個人店はつぶれてしまうことでしょう。

あなたのお店には安いよりも、もっと何か魅力があるはずです。

その魅力を見つけて魅力を伸ばせがいいんです。

 

安いお店よりも、高くてもあなたのお店の価値をわかってくれるお客さんを集めればいいのです。

できるはずです。周りのお店を気にするあまりに安売りをしてどうなるんですか?

お客さんは食べ物や飲み物だけにお金を払っているわけではないのです。

あなたのお店の価値に対してお金をはらっているのですよ。

客単価が5,000円の焼き鳥屋だったとしても、「安いな」といわれるようにならないといけません。いいお店創りをしてお店の価値を上げて安売りのお店は今すぐやめましょう

Leave a Reply

Your email address will not be published.