お客様の健康を考えるのも飲食店の仕事です。

飲食店というのは、ただ料理を作り、お酒を提供する場所だけではなくて

これからは、お客様の健康をも守らないといけないのです。

コロナは、今は落ち着いているがこれからどうなるかわからない。

今から、皆さんの健康を守る努力をしていかないと、と思っています。

鶏の刺身を提供しないのも、お客様の健康を守るためである。

鶏の刺身にはカンピロバクターが必ずといっていいほどついている。

これは、火を入れないとしなないのです。生は危険なんですよ。

刺身で食べて、カンピロバクター食中毒を起こした場合に

そのうちの何%かの確率でギランバレー症候群になることがある。

こうなってしまうと、死に至ることがあります。

ギランバレーの症状は、体の筋肉に力が無くなり、目以外は動かなくなり、ひどい場合は

呼吸困難を起こすこともある。

すぐに、病院に行かないと危険だ。

生きていたとしても、後遺症が残りリハビリを受けないと

社会復帰できなくなるという怖いことになる。

そうなってほしくないので、鶏の刺身はやめている。

最近は、どこでも鶏の刺身は提供しているが……

「うちの鶏は朝引きで新鮮だから大丈夫」?という店主も多いが

新鮮なほどカンピロバクターは多く生息するのである。

そして、菌は表面にしかいないので表面を炙れば大丈夫と思っている人も少なくない。

これも間違いだ。

菌は、内臓の中や身の中にもいる可能性もあるからだ。

僕の身近で、ギランバレー症候群になった人がいるが

何十年もの間、少々手足が上手く動かないのである。

こんなことを聞くと、やはりお店側としては提供できない。

自分の健康、そしてお客様の健康を守るのも飲食店の役目ではないかと考える。

だから、たばこのないお店というのも大切なところですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *