精巣腫瘍になった3人!

精巣腫瘍とは、睾丸の癌です。

その精巣腫瘍は、10万人に1人というごくまれな癌です。

そんな10万人1人しかかからないと言われている精巣腫瘍になったというお客さんが

2人でお店に来られた。その2人は会社の同僚らしい。

そんな10万人に1人の癌になった人が同じ場所に3人集まるのは、奇跡でもある。

僕は40歳の頃に肺にまで転移して重症化したが、若いお二人は早期で発見された。

僕の場合は、もうすでに結婚して2人の子供がいたのですが、子供がいない人の心配は

子供ができるのかどうか?そんな心配があるのです。

そして、再発の心配と色々と心配事があります。

僕は癌になり退院してからも社会復帰するまでに時間がかかったが今では

元気に焼き鳥を焼いている。

そんな、僕の話を聞いたり元気な姿を見たりして、「勇気が出て元気になった」と言ってくれた。

嬉しいですね。僕のやってきたことで人が喜んでくれるのは非常に嬉しいですね。

お料理を通じてですけど、お料理とは違うところで人と人の心がつながるというのは、嬉しいです。

僕が目指していた飲食業のスタイルがこれなんです。

飲食業従事者は、人を喜ばせたり元気を与えたりするのが使命なんです。

コロナで暗い話題が多い中、元気に明るく生きていきたいものですね。


セミナー情報・修業情報はこちら


飲食業界35年!前田誠二の無料メルマガ登録して情報をGET!
姓名必須 (姓)  (名)
フリガナ必須 (セイ)  (メイ)
メールアドレス 必須
性別 必須
年代 必須



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *