薄利多売は、もうやめましょう

またまた、延長か……どうなることか?飲食業を経営している方は今のままで本当にいいのでしょうか?

昔は薄利多売なんていって利益は少ないけど多く売って稼ぐなんていうのが飲食業の主流でした。

しかし、コロナ後は完全に薄利多売なんて言葉はなくなるでしょうね。

考えてもみて下さい。

あなたは、必死に朝から晩まで働いて、1日50人のお客さんを入れたとしましょう。

もし客単価が2500円としたら、125000円ですね。

もしも、客単価が10000円としたら客数は13名入れれば売り上げは超えます。

50名のお客さんを入れようと思えば人件費もかかるし、かなり体への負担もかかります。

しかし、13名のお客さんなら結構ゆったりとしながら良いサービスができるのではないですか?

僕は、そう思ったからお店を高級やきとり店にしたのです。

あなたがもし今のままの安いお店で日々バタバタしながらお店の運営をしていたら、いずれお店に利益が残らずに廃業してしまうことでしょう。

今後発展するお店は、小さなお店で高単価のお店なんです。

誰もぼったくれとは言っていません。

良い食材を適正価格で売れと言っているのです。

これからは高級店が生き残ることは間違いありません。

僕は、高級やきとり店を作るための手助けをとことんやります。

まずは詳しい内容はこちらで確認して下さい。➡誠塾へ

Leave a Reply

Your email address will not be published.