飲食業界35年で、一番しんどい年になった。

僕は、飲食業界(焼き鳥界)で35年やっているが、今が一番しんどい時である。

コロナという時代に生き残りをかけて日々過ごしていかないといけない。

8月には、また緊急事態宣言が出てお酒を提供できないのですから、

飲食店はすべてアウトという事になります。

こんな時代になるとは誰も考えていなかったはずです。

そんな中で規則を守らないお店もたくさんある。

僕は、やはり人の命を守るという意味で国の規則をしっかり守ることが大切だと思っている。

だから密にならないようにしているし、お酒も提供しないのである。

お酒を出せないなら、どのようにして利益をあげていくのか?ランチ?弁当?テイクアウト?ウーバーイーツ?バーチャルレストラン?

何をしようと、なかなか利益は残らないのが現実である。

今は我慢の時であるのは確かです。

コロナは、いつ収束するのか?

本当に先が見えない時代になってきたものです。

飲食業界の皆さん、耐えて耐えて、そして数字を見ながら今後の事を考えて

行動しないといけません。

8月の過ごし方で、今年笑って過ごせるのかどうか決まるのではないかと思う。

今年の正月は不安なく笑っていきたいものであります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *