コロナの今後の行方はどうなるのか?

コロナが蔓延してから、ろくにお店も開けれない。

そんな方は非常に多いことと思います。

そんな中でオンラインに取組んでいる人は多いと思います。

ランチ、デリバリーとかテイクアウトなど、色々と工夫して経営している人も多い。

しかし、そうは簡単にはいかないものである。

ランチやデリバリーは利益が出にくくて効果がない……

僕はお店を休業している間に、おみやげメニューを開発しています。

オンラインで注文したりする仕組みも実践しています。

この仕組みが今後は、大活躍すると思っています。

今後お店を開けれるようになってもコロナは無くなるわけではないので、

共存してかないといけない。

だからこんな時こそ、お店の営業以外の事にも取り組んでいかないといけない。

それはお店独自の商品開発をして自分のお店でしか食べることのできないものを作っていかないとお店は生き残れなくなる。

このコロナ時代を、どう生きるべきなのか?

常に先を見据えて経営に取組まないと飲食業界は終わってしまう。

飲食店の経営者の皆さん、今が踏ん張り時です。

頑張っていきましょう

 

 

9月末まで無料のオンライン講座に申し込み


セミナー情報・修業情報はこちら


飲食業界35年!前田誠二の無料メルマガ登録して情報をGET!
姓名必須 (姓)  (名)
フリガナ必須 (セイ)  (メイ)
メールアドレス 必須
性別 必須
年代 必須



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *