焼き鳥屋は安くしないといけないという考え方はどうなのか?

僕のお店、鶏割烹まことやは、他の焼き鳥屋と比べてお値段は少々高くなります。

焼き鳥屋だから安くないといけないとか、ラーメン屋だから

安くしないといけないという事はない。

僕は、たかが焼き鳥という概念を打ち破りたいのである。

安いお店を見下しているわけでもなんでもないが、

僕は本気で焼き鳥を焼いてきた。

その焼き鳥を安くで提供してはいけないと思っている。

昔は、できる限り安くで提供したいという思いもあった。

しかし、それでは焼き鳥屋をやっている人が儲からないし価値を下げている。

儲からなければお店は潰れていく。

焼き鳥屋は原価が安くて儲かると思っている人は多いが、決してそうではない。

もう安けりゃいいという時代は終わった。

ただ高いというお店ではダメですが、より良いお店にしてお値段を上げればいいのです。

何年か前と違い食材の値段も上がっている。

そんな中で「お客さんに喜んでもらうために安くして……」なんていいかっこしても、

儲からなければ終わりです。

それよりもお客さんに喜んでもらうためのサービスを考えて

価値のあるお店作りを考えるべきや。

コロナで飲食店はさらに苦しい時代を迎える。

コロナ禍の頃よりも廃業するお店は増えるであろう。

もう安いお店では経営できなくなる。

安い焼き鳥屋さんは大手にまかせて、あなたたち個人店は、

しっかりクオリティを上げて、しっかりお金を頂くべきです。

そうしないと今後生き残ってはいけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *