店長は総合力を鍛えることが大切です。

 今日は、店長をやっていく上で大切なお話をします。
 大きなお店では、店長と料理人が別々で仕事していることが多い。
 だから、店長は料理をすることはないので、料理は覚えることができない。
 しかし、小さなお店では店長は料理も接客、メニュー作りなどもすべて
 お店に関わることをしていかなあきません。
 店長業しかできなかったり、調理しかできないとかいうのは
 絶対ダメです。
 料理人が店長をやるなら、店長として必要なことを身につけないといけないし
 店長なら、料理の知識というのが必要です。
 今の時代で、必要とされる店長というのは総合力を身につけることです。
 料理もある程度できて、知識もあり、なおかつ
 お店の運営もできれば無敵ですよ。
 店長が料理のことを知らないと、料理人を育てられない。
 これは、僕自身が大きなお店も小さなお店も経験して
 やってきたから言えることなんです。
  今、お店を運営してい店長で、
 仕事が片寄っているなら
 総合力を身に付けるための
 勉強をしていきましょう。 

セミナー情報・修業情報はこちら


飲食業界35年!前田誠二の無料メルマガ登録して情報をGET!
姓名必須 (姓)  (名)
フリガナ必須 (セイ)  (メイ)
メールアドレス 必須
性別 必須
年代 必須



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *