Category: 売れるチラシの作り方

いい商品よりも売り方が大事

いい職人は、料理はおいしければ売れるんだと思っている。 しかし、たいして料理が美味くないのに売れているお店は多くある。 何が違うのか? それは、売り方が違うだけ。 売り方を知らないと、美味しい料理だって売れないのです。 あなたは、POPを書いたことありますか? POPで書く一言だけで商品がバカ売れすることはあるのです。 あなたの作る美味しい料理を売りたいなら伝えましょう。 あなたの商品の良い所。 それが、経営者の仕事です。  焼鳥店開業したい方は誠塾公式ライン登録 ➡誠塾のオンライン講座はこちら 詳細はこちら

伝えることの大切さ

人に何かを伝える。 これって非常に大切なことです。 自分の思いを伝えてお客さんに知ってもらうことで あなたの考えに共感した人が、あなたの、そしてお店のファンになります。 あなたが、どのような思いでお店を経営しているのか? みんなに伝わっているのでしょうか? 今一度考えてみて下さい。 商品一つとっても、あなたが作っているその料理に対するこだわりや思いなど そして、その料理の歴史などを伝えていますか? もし、伝えていないならPOPで伝えてみましょう。 そうすることで、お客さんがその商品に対して興味を持ちます。 そんな料理なら食べてみたいと思う人が増えてファンが増えます。 伝えることは難しい事?いや簡単なことです。 自分の心から湧き出る思いを伝えればいいだけなんです。 例えば、まことやの料理ならこんな感じで伝えています。 あなたのお店の人気商品も、こんな感じで伝えてみましょう。 今までよりも、さらによく注文が入るようになることは間違いなしです。 「こんなの苦手…」なんて言わずにとにかく伝えること。 やってみて下さい。      焼鳥店開業したい方は誠塾公式ライン登録 ➡誠塾のオンライン講座はこちら 詳細はこちら

お店のお料理、アピールしていますか?

あなたのお店の料理の中で、もっと売れてもいいのに売れていない料理ないですか? こんなにこだわって作っているのに売れない…なぜだろうか? それは、簡単です。 あなたが、その料理をアピールできていないからなのです。ただそれだけです。 「いやいや、売れるようにPOPも書いているんです」という声が聞こえてきそうです。 そのPOPは、商品説明になっていませんか? POPってどうしても説明文になりがちなんですね。 今、お店に貼ってあるPOPを今一度確認してみて下さい。 説明文になっているようなら、売れないのは当然です。 お客さんは、どのように作られているかどうかよりも、あなたがどんな思いで作ったのかとか その食感や、味、お客様の声などを伝えた方が売れやすいです。 そして、視覚に訴えかけるようなシズル感のある写真があれば、さらにいいですね。 鶏仙人といわれている私の料理の中にもこだわっていて思い入れのある料理はたくさんあります。 例えば、「首皮焼き」「皮付きせせり」「肝煮」「つくね」「とりかわ大王」 など素材だけを活かしていない料理は、その料理ができた歴史などから どれだけの思い入れがあるのか、そして食べた時の感想などを添えてPOPを作っている。 それを、お店の入口に貼っています。 その効果かどうか、新規のお客様が多くなってきたような気がします。 貴方も早速、感情のこもった料理の魅力が伝わるPOPに書き変えてみませんか?      焼鳥店開業したい方は誠塾公式ライン登録 ➡誠塾のオンライン講座はこちら 詳細はこちら

チラシ作り

まことやのチラシを公開します。 鶏仙人(前田誠二)が作った「まことや」チラシです。 非常にシンプルで、綺麗ではないけど僕の感情がしっかりと 組み込まれていていいと感じませんか? 僕のお店では、すべてが手書きです。 手書きというのは人の心を動かしやすいのです。 下手くそな字ですが……反応はいい感じです。 あなたも、一度書いてみて下さい。 筆文字っていいですよ。  焼鳥店開業したい方は誠塾公式ライン登録 ➡誠塾のオンライン講座はこちら 詳細はこちら

メニュー作成で悩む人へ

焼き鳥屋開業の時に、皆さんメニュー作成に悩む人が多い。 このメニュー作成をデザイナーに頼むとかなりの費用がかかる。 デザイナーに頼めば、そりゃきれいに仕上がるでしょう。 しかし、決して売れるメニューになるとは限らないのである。 メニュー一つで、売り上げも客単価も変わってくる。 それだけに、メニュー作りというのは非常に大事である。 焼き鳥開業の際は経費も少なくしたいものです。 だから、自分で作成することをお勧めしています。 しかし、なかなか難しいものです。 まことやのメニューとPOP まことやでは、筆文字と写真とサインペン、マジック イラストなどを駆使して手書きで作っている。 例えばメニューならこんな感じです。 ※値段は2018年4月17日から変更しています。 POPの場合は こんな感じですべて手書きです。 手書きなんてできないなんて言わずやってみましょう。 もし、手書きが無理というならパソコンでもいいけど 自分のお店のコンセプトにあった字体を考えてみることです。 単に、パソコン文字の明朝体の字を並べただけのメニューでは おもしろ味もないし、料理を選ぶ楽しみもなくなる。 売りたいメニューがあれば、そのメニューを出やすくするための 工夫というのは非常に大事や。 メニューブックの、どの位置に売りたいメニューを置くかで かなりオペレーションも楽になります。 そこで、メニュー作りの初心者の方のために紹介したい メニュー作りマニュアルが販売されています。 このマニュアルは、僕が作成したものではないのですが メニュー作りの初心者には参考になりますよ。 いずれ、僕も繁盛店になるためのメニュー作成法というレポートを 作ろうと考えていますが、今は作成していませんので 今日紹介する「シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント」というメニュー作りマニュアルを参考にして下さい ⇒詳細はこちら  焼鳥店開業したい方は誠塾公式ライン登録 ➡誠塾のオンライン講座はこちら 詳細はこちら

字なんて下手でもええやないか。

字を書くのが苦手やから、手書きのメニューやPOPやチラシが書けない… なんて逃げている経営者の方、逃げていてもあきません。 飲食店経営者なら、なんでもできるようになっておきましょう。 小さなお店でやっているなら、なんでも自分でやらないと経費がかかりすぎます。 メニュー作りから、POP作り、チラシ作りなんでも自分で作ってしまえば経費は少なくてすむ 僕は、昔はすべてパソコンでメニューソフトを使い色々な販促物を作っていた。 何故かというと、僕は字が下手だからだ。 今でも、字は全然上手くない。 しかし、筆文字を東三国の酒屋の人から字の書き方のコツを教わってからは 手書きでなんでも書くようになった。 練習に練習を重ねて、今ではお客さんからも「字に味がある」なんて言われるようになった。 実際に、字は上手くはないけど愛情、心を込めて書けば「味」を感じてもらえるようになる。 字が下手だと嘆いている店主さんも、思い切って筆文字で手書きのメニューやPOPなどを 作ってみて下さい。 お店の何かが変わってきますよ。  焼鳥店開業したい方は誠塾公式ライン登録 ➡誠塾のオンライン講座はこちら 詳細はこちら

チラシの効果を知りましょう。

僕は、これまで暇だったお店に集客するために チラシをよく使っていた。 そんなに大きな割引などは しなくてもいいんです。 チラシなんて全然効果が ないんじゃないかと 思われる方もいるでしょう。 それは、効果的なチラシを つくっていないからですよ。 割引だけを意識したチラシでは 割引き期間だけはお客さんは 多く来ますが、割引きがなくなると 来なくなる。 そんな現象が起きます。 やはり、割引き以外で チラシでお店の魅力的なアピールが できればOKです。 あなたのお店の強みななんなのか考えてみて下さい。 そしてあなたの思いを伝えて下さい。 感情を全面的に出せばいいんです。 自分は、どんな考えで商売しているのか? どんな気持ちで焼き鳥を焼いているのか? どんな商品を食べてほしいのか? 伝えてアピールして下さい。 あなたのお店のことを知らない人に お店の魅力を必死で伝えてみて下さい。 僕は、チラシを手書きで作っています。 手書きの場合、自分の気持ちを伝えやすいです。 だから手書きにこだわります。 コストも安くつきます。 そして、酒屋さんに協力してもらい 300枚くらいコピーしてもらっています。 あとは近辺に新聞折り込みや ポスティングなどで配布します。 これなら、コストも抑えられます。 あとは、どのくらい反応があるのか検証してみる。  あまり反応がない場合は、チラシの内容を 変えてやってみて下さい。 チラシの内容を少しだけ変えるだけでも 反応は変わってきます。 お店にお客様が、来ないとお困りのかたは チラシにチャレンジしてみて下さい。  焼鳥店開業したい方は誠塾公式ライン登録 ➡誠塾のオンライン講座はこちら 詳細はこちら

POPの見直しだけで、注文が増える

こんにちは 高槻の、鶏仙人です。 今日はPOPの大切さについてお話ししましょう。 POPの書き方1つで注文が増える。 ただ、売り込みだけのPOPとか、 商品名と値段だけを書いたPOPではなかなか売れません。 それでは、どのようにすれば売れるPOPが書けるのか? それは、あなたの感情のすべてをPOPに盛り込むことです。 あなた自身が、ナゼそのお料理を食べてほしいのか? どんな部分がおすすめなのか? しっかり、伝えないと売れません。 ただ、「激安」とか「うまい」とかだけのPOPではあかん。 あなたが、どんな思いでその食材を選び どんな思いで、その料理を作っているのか? そこが一番大事なことなんです。 そして、なんといっても感情が伝えやすいのが 手書きのPOPです。 下手でもいいから、書いてみて下さい。 商品の売れ行きは大きく変わります。  焼鳥店開業したい方は誠塾公式ライン登録 ➡誠塾のオンライン講座はこちら 詳細はこちら

チラシって効果的なのか?

今時チラシ? そう思う方は多いと思います。 しかし、うまく使えばチラシも 効果的です。 ネットで集客するといっても 人の目に触れないとなかなか お店の存在はわかりません。 ネットで臭客するにはアクセスアップするために 勉強もしないといけません。 ビッグキーワードで検索上位に行こうと思ったら 大企業が独占している状態です。 自分のお店のホームページなんて蚊帳の外です。 そこで活躍するのがチラシです。 ただ単に割引だけのチラシでは、一時はお客さんが 集まっても安売り目当てのお客サンなので リピーターにはなりにくい きれいなだけのチラシもダメです。 僕は、この一枚のチラシに僕の感情をすべて入れています。  僕のお店は、自分はどういう考え方でやっているのか どんなこだわりをもってやっている、どういうお店なのか?  すべてがお客さんに伝わるように作ります。 始めてチラシを見たときに、「このお店に行ってみたい」 そう思わせるようなチラシ作りが大切です。 僕のチラシ作りは、自分が思っていることをストレートに  書いていくという簡単なものです。 こう書けば、かっこいいんじゃないかなんて 考えてしまうと、さっぱり反応がない。 なんていうことになります。 僕も反応のないチラシをたくさん作りました。 そして、その失敗から学んだことは多いですね。 失敗するごとに成長していくんですよ。 最後には、反応率の高いチラシが出来上がります。  あなたもチラシ集客の勉強をしてみませんか?  焼鳥店開業したい方は誠塾公式ライン登録 ➡誠塾のオンライン講座はこちら 詳細はこちら

チラシは白黒でもいいのか?

チラシは白黒でも、集客できるのでしょうか? そんな質問をいただきましたのでお答えします。 僕が思うのに、白黒でOKです。 僕は基本的に、白黒で筆文字とマジックとボールペンで 手書きのチラシを作ります。 自分の似顔絵付きで、お店の特徴とか 僕の思いなどを書いていきます。 自分の言葉で、僕の気持ちを伝えています。 サービス券をつけていないけど、反応はいいですよ。  焼鳥店開業したい方は誠塾公式ライン登録 ➡誠塾のオンライン講座はこちら 詳細はこちら