Category: 売れるメニュー作成

女性向けにつくねを変えました。

15年前くらいに、繁盛店へと導いたつくねだけど、 今は作り方を変えたのです。 変えたのは、まずは、なんこつを抜きました。 男性はこりこり感があったほうが好きな人が多いが、 女性はしっとりとした感じが好きなのではないかと 感じて、なんこつを抜きました。 そう、女性に好まれるようなお店にしたいと思っているからなんです。 そして一番変えたことはミンチを引くのではなくて 包丁で丹念にたたき手ごねしているところです。 なぜそうしているのかといいますと、そうすることで 一番おいしいと思うところで仕上げることができるからなんです。 こうして納得できる味を作ることができます。 それ以外は企業秘密になります。 僕のつくねは、どんどん進化していきます。 これからも、新しい商品開発していきますよ。 セミナー情報・修業情報はこちら

超最上級の食材を使った!30,000円のコース料理を考えています。

現在、鶏割烹まことやでは30,000円のコース料理を考えているところです。 「30,000円!そりゃ高すぎるんとちゃうか?」なんて言われそうですが、 そこはしっかりと最上級の食材を仕入れて、食材の素材を活かした最高の調理法で提供します。 そのために現在は、仕入れ先を探しているところです。 焼鳥屋店で30,000円のコースなんて……って鼻で笑われるかもしれませんが 真剣に僕はやります。 出来上がった時は、ご報告します。   セミナー情報・修業情報はこちら

手作りのメニュー表

メニュー表って、自分で作成していますか? 僕は以前は自分でメニューを作成していました。 今は、高級焼き鳥屋として営業していますのでパソコン文字で 作成していますが、2020年の大衆的な焼き鳥屋をやっているときには、 すべて手書きでメニュー表を作成していました。 メニュー表というのは綺麗なだけではいけません。 メニュー表一つで客単価が変わります。 並べる順番とか見やすさ選びやすさや、値段の付け方など しっかりと学べば最高のセールスマンとなります。 ちなみに2020年に作成していたメニューがこんな感じです。 参考までに確認しておいて下さい。   セミナー情報・修業情報はこちら

メニュー表に使う料理の写真を提供しています。

僕は、飲食店を経営している個人店の方にメニュー表作りやPOP作りのお役に立とうという事で写真ACというサイトで無料の写真を掲載しております。 このサイトの写真は無料でダウンロードして使えるので非常に重宝します。 ホームページのイメージ写真などにも使えると思います。 下記のバナーをクリックすれば、写真ACのサイトに飛びます。そして検索の絞り込みの所をクリックして、クリエイター名の所に「まこと」と入力すれば僕の写真が出てきますのでダウンロードしてお使い下さい。 セミナー情報・修業情報はこちら

メニュー表作りは、プロに頼まなくてもいい。自分で作る。

今までずっと、私はメニューは自分で手書きのメニューを作成していました。 現在まことやは、お店をコース料理専門店にしているので高級店の雰囲気のメニューに変えて パソコンの文字で横書きで作成しています。 ↓     ↓   今まではこんな感じで書いていました。 ↓     ↓ どちらにしても、自分でメニューを作ると、明らかにコストが違ってくる。 プロに頼むと、デザイナーのようなプロに頼むと10万円~20万円くらいはかかる。 飲食店開業する時に、これくらい節約できればかなりいいですね。 飲食店開業時に、なるべく無駄なお金を使わずにおきたいものです。 そこで、私がお勧めしているメニュー作りの教材ですが、これは理にかなっている。 これは、私が作成した教材ではないのですがいい教材なので紹介します。 内容をザッと挙げてみますと 【売上が上がるメニュー表作り12のポイント】 1、あなたのお店のウリは何か?を明確にする  言葉で伝えなければ、お客様には分からない 2、看板メニューを明確にする  看板メニューをアピールすることのメリット 3、売るべき商品と売るべきでない商品に分類にする  売るべきでない商品とは? 4、最も売るべき商品を死ぬほど目立たせる  死ぬほど目立たせるとは? 5、商品分類(カテゴリー)を工夫する 調理法別、素材別だけではない 6、商品名を工夫する 商品名を2回ひねる 7、商品説明文を入れる  切り口は食材や調理法の説明ばかりではない 8、商品写真を載せる  素人でも美味しそうに撮れるたった3つのポイント 9.商品サイズを工夫する  客単価アップにつながる 10、価格を再検討する プライスラインの種類と主要5つの価格の構成比 11、客単価を上げることを考える 関連商品のアピール、セット化、お土産 12、差し込みメニューを作る 差し込みメニュー利用のポイント 【もう一押しのテクニック】 価格の並べ方、アイコン、おすすめメニューのアピール法、ショルダーネームを工夫する等々 こんな感じで詳しく書かれています。 この教材は、メニュー作りのスタートとしては非常にいいと感じます。 お値段も1980円と安いので買って損はないですよ。 ⇒購入はこちら セミナー情報・修業情報はこちら