Category: 売れるメニュー作成

つくねは、お店で叩きます。

今日はつくねの仕込みの動画YouTubeにアップしました。 鶏屋さんにミンチを引いてもらうのではなくて、お店で叩いています。  焼鳥店開業したい方は誠塾公式ライン登録 ➡誠塾のオンライン講座はこちら 詳細はこちら

手作りのメニュー表

メニュー表って、自分で作成していますか? 僕は以前は自分でメニューを作成していました。 今は、高級焼き鳥屋として営業していますのでパソコン文字で 作成していますが、2020年の大衆的な焼き鳥屋をやっているときには、 すべて手書きでメニュー表を作成していました。 メニュー表というのは綺麗なだけではいけません。 メニュー表一つで客単価が変わります。 並べる順番とか見やすさ選びやすさや、値段の付け方など しっかりと学べば最高のセールスマンとなります。 ちなみに2020年に作成していたメニューがこんな感じです。 参考までに確認しておいて下さい。    焼鳥店開業したい方は誠塾公式ライン登録 ➡誠塾のオンライン講座はこちら 詳細はこちら

メニュー表に使う料理の写真を提供しています。

僕は、飲食店を経営している個人店の方にメニュー表作りやPOP作りのお役に立とうという事で写真ACというサイトで無料の写真を掲載しております。 このサイトの写真は無料でダウンロードして使えるので非常に重宝します。 ホームページのイメージ写真などにも使えると思います。 下記のバナーをクリックすれば、写真ACのサイトに飛びます。そして検索の絞り込みの所をクリックして、クリエイター名の所に「まこと」と入力すれば僕の写真が出てきますのでダウンロードしてお使い下さい。  焼鳥店開業したい方は誠塾公式ライン登録 ➡誠塾のオンライン講座はこちら 詳細はこちら

メニュー表作りは、プロに頼まなくてもいい。自分で作る。

今までずっと、私はメニューは自分で手書きのメニューを作成していました。 現在まことやは、お店をコース料理専門店にしているので高級店の雰囲気のメニューに変えて パソコンの文字で横書きで作成しています。 ↓     ↓   今まではこんな感じで書いていました。 ↓     ↓ どちらにしても、自分でメニューを作ると、明らかにコストが違ってくる。 プロに頼むと、デザイナーのようなプロに頼むと10万円~20万円くらいはかかる。 飲食店開業する時に、これくらい節約できればかなりいいですね。 飲食店開業時に、なるべく無駄なお金を使わずにおきたいものです。 そこで、私がお勧めしているメニュー作りの教材ですが、これは理にかなっている。 これは、私が作成した教材ではないのですがいい教材なので紹介します。 内容をザッと挙げてみますと 【売上が上がるメニュー表作り12のポイント】 1、あなたのお店のウリは何か?を明確にする  言葉で伝えなければ、お客様には分からない 2、看板メニューを明確にする  看板メニューをアピールすることのメリット 3、売るべき商品と売るべきでない商品に分類にする  売るべきでない商品とは? 4、最も売るべき商品を死ぬほど目立たせる  死ぬほど目立たせるとは? 5、商品分類(カテゴリー)を工夫する 調理法別、素材別だけではない 6、商品名を工夫する 商品名を2回ひねる 7、商品説明文を入れる  切り口は食材や調理法の説明ばかりではない 8、商品写真を載せる  素人でも美味しそうに撮れるたった3つのポイント 9.商品サイズを工夫する  客単価アップにつながる 10、価格を再検討する プライスラインの種類と主要5つの価格の構成比 11、客単価を上げることを考える 関連商品のアピール、セット化、お土産 12、差し込みメニューを作る 差し込みメニュー利用のポイント 【もう一押しのテクニック】 価格の並べ方、アイコン、おすすめメニューのアピール法、ショルダーネームを工夫する等々 こんな感じで詳しく書かれています。 この教材は、メニュー作りのスタートとしては非常にいいと感じます。 お値段も1980円と安いので買って損はないですよ。 ⇒購入はこちら  焼鳥店開業したい方は誠塾公式ライン登録 ➡誠塾のオンライン講座はこちら 詳細はこちら

6000円コースにかしわの藁焼き

かしわの藁焼きが最高に旨い! これはまことやの6000円コースののみに提供される藁焼き。 藁の風味が、何とも言えない旨さを引き出します。  焼鳥店開業したい方は誠塾公式ライン登録 ➡誠塾のオンライン講座はこちら 詳細はこちら

月見焼おにぎりを6000円コースに!

月見焼おにぎりがコースに登場! この玉子は、1日冷凍した玉子を次の日に水につけて殻をむきます。 その後、中身を冷蔵庫で解凍します。 解凍できたら、黄身だけを取り出して、焼き鳥のたれに半日~1日漬け込みます。 これを、くぼみをつけた焼おにぎり上に乗せます。 これは、たしかに旨いです。  焼鳥店開業したい方は誠塾公式ライン登録 ➡誠塾のオンライン講座はこちら 詳細はこちら

伝えることの大切さ

人に何かを伝える。 これって非常に大切なことです。 自分の思いを伝えてお客さんに知ってもらうことで あなたの考えに共感した人が、あなたの、そしてお店のファンになります。 あなたが、どのような思いでお店を経営しているのか? みんなに伝わっているのでしょうか? 今一度考えてみて下さい。 商品一つとっても、あなたが作っているその料理に対するこだわりや思いなど そして、その料理の歴史などを伝えていますか? もし、伝えていないならPOPで伝えてみましょう。 そうすることで、お客さんがその商品に対して興味を持ちます。 そんな料理なら食べてみたいと思う人が増えてファンが増えます。 伝えることは難しい事?いや簡単なことです。 自分の心から湧き出る思いを伝えればいいだけなんです。 例えば、まことやの料理ならこんな感じで伝えています。 あなたのお店の人気商品も、こんな感じで伝えてみましょう。 今までよりも、さらによく注文が入るようになることは間違いなしです。 「こんなの苦手…」なんて言わずにとにかく伝えること。 やってみて下さい。      焼鳥店開業したい方は誠塾公式ライン登録 ➡誠塾のオンライン講座はこちら 詳細はこちら