Tag: がん

精巣腫瘍(睾丸癌)になってから21年経った。

僕は40歳の頃に精巣腫瘍を患った。 不運にもその癌は肺にまで転移していました。 2回の手術と3か月に渡る抗がん剤は非常に苦しかったことを思いだす。 あれから21年が経ちました。ちょうど21年前の今頃やったかな? 「あっ!たしか誕生日が近かったので11月かな?」誕生日に死ぬのか…… なんて考えていたことを思いだします。 「よく生きれたなぁ」と思います。 せっかくもらった命やから好きなことして人生を楽しもうなんて思いますね。  焼鳥店開業したい方は誠塾公式ライン登録 ➡誠塾のオンライン講座はこちら 詳細はこちら

40歳の時に精巣腫瘍(睾丸ガン)を患ったときの話。

僕は40歳の時に、癌を告げられた。 精巣腫瘍(睾丸がん)というものだった。 このがんは、気が付いたときには肺に9個も転移しており大変なことになった。 2回の手術と抗がん剤3クールは地獄の苦しみだったがなんとか生還して今を生きている。 何故急にそんな話をしだしたかというと、昨日お客さんで今年の1月に精巣腫瘍を患ったという人が来たからだ。 昨日は、他にもお客さんがいてお話は聞けなかったが…… 帰り際に名刺を置いていき、名刺の裏にその内容のことが書かれていたから知りました。 きっと何かに悩んでいるんだな。まだ若い感じの方でした。 がんになるということは、非常にショックなことです。 そして、今後どう生きればいいのか?考えてしまうこともあります。 がん経験者である僕を頼って、お店にまで来てくれたのにお話を聞けなかったのが気がかりでした。 また、来てくれると思います。 今度は、ゆっくりとお話聞きたいですね。   がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社)  焼鳥店開業したい方は誠塾公式ライン登録 ➡誠塾のオンライン講座はこちら 詳細はこちら

がんから社会復帰したお客さん

僕は40歳の時に、がんになり社会復帰するまでに かなり、色々な経験をしてきた。 その後、この体験を本にしました。 その本を読んでくれていたお客さんが 「本当に共感できて、感動しました」 「勇気が湧いた」などという言葉を頂いた。 そのお客さんも、ステージ4のがんから 復活してきた男性なんです。 がんの闘病で抗がん剤をやる前日に 僕の焼き鳥を食べてくれて、 「美味しかった。もう一回前田さんの焼鳥食べれるように頑張る」 といって、入院してしまった。 その後、凄い回復力を見せて復活していた。 昨日、そのお客さんの顔を見て嬉しかった。 凄く元気そうな感じで社会復帰していた。 僕が焼いた焼き鳥や、僕が書いた本で みんなが元気になってくれたら こんなに嬉しいことはないですね。 僕は、人の気持ちを幸せにするために この飲食業、焼き鳥屋に27歳から転職した。 これからも、人を元気にする、人を幸せにする 焼き鳥を焼き続けたいと思いました。 料理は心、焼き鳥は心です。 いつまでも忘れたらあかんことやな  焼鳥店開業したい方は誠塾公式ライン登録 ➡誠塾のオンライン講座はこちら 詳細はこちら

がんから、よみがえった妻の誕生日

たしか、20年前くらいやったと思いますが、僕の妻は35歳か36歳の頃にガンを患い、余命宣告をされたのである。 余命は、3か月~4か月くらいと医者から言われて…… そんな妻が、今日56歳を迎えることが出来た。 10日の月曜日には、妻と2人で誕生日のお祝いに食事をした。 僕自身も40歳の時にガンを患っているので、 「お互い生きててよかったな」といって乾杯をした。 17日は、娘や孫たちと妻の誕生日を祝おうと思ってる。 今日も、生きていることに感謝して頑張ろう。 😛   焼鳥店開業したい方は誠塾公式ライン登録 ➡誠塾のオンライン講座はこちら 詳細はこちら

がんから社会復帰した軌跡!という本のお話。

最近自分で書いた本がある。 「がんから社会復帰 その軌跡とは?」という本です。 この本では、自分が40歳の頃ガンを患い そこから社会復帰するまでの軌跡を書いた手記です。 一度アマゾンで販売されていましたが、 少し修正点があり、再度販売されるのが10月15日の予定です。 ガンになり、なかなか社会復帰できないという人に 勇気を与えるような本になれば嬉しく思います。 興味のある人は、予約してみて下さいね。  焼鳥店開業したい方は誠塾公式ライン登録 ➡誠塾のオンライン講座はこちら 詳細はこちら

がんになってから、現在までを振り返る

人間は生きていても、いつ何が起こるかわからない怖さがある。 僕が経験したガンというのは、非情にも登り調子だった時の自分を襲った。 40歳というパワーあふれるときに、襲ってきたのであります。 あれで人生が狂ったのは確かやけど、それも運命やと受け止めて生きてきた。 そやから、もう何も怖いもんはないんですわ。 今回、書いた「がんから社会復帰!その軌跡!」という電子書籍の中に その思いというのをびっしり書いている。 この本は、紙の本でも6月18日からアマゾンから販売されます。 その本の中でも、この時の状況が書かれています。 40歳の時に、独立してお店を開店しようとした半月前にガンの宣告を受けた 不運な男 しかし、幸運にも命は助かった。 病気から学んだことは多いし自分を変えてくれ強くしてくれた。 そして、優しい人にしてくれた。 そして、思うことをすぐに行動に移せるようにしてくれた。 幸運にも助かった命を大事にして生きていきたい。 今は、そんな気持ちが強い。 そやから、1日、1時間、1分、1秒がほんまに大切や。 今日も、大切な時間を楽しく面白く、有意義に過ごしていきたいものですね。      焼鳥店開業したい方は誠塾公式ライン登録 ➡誠塾のオンライン講座はこちら 詳細はこちら

人生で一番つらかったことを乗り越える。

みんな、辛いことを乗り越えて人生を歩んでいる。 自分の中で、人生で一番辛いことのお話しをするとすれば 自分がガンになり、ガンが治って社会復帰するまでの事。 この時は非常に辛かった。 その当時は、退院しても飲食店の仕事がなかなか決まらずに悩んだ。 そして、家族の生活を守るためにどんな仕事でもした。 訪問販売、現場の仕事、派遣の仕事、その他色々な仕事をしてきた。 それよりも、もっと辛い事があった。 それは、20年前の妻のガン宣告と余命宣告やった。 人生の中で、あんなに辛いことはなかった。 その妻は、奇跡的に現在も元気で生きていることには非常に感謝している。 あの20年前というのは、ほんまに地獄やったことを思いだす。 そりゃ今でも、辛いことはたくさんあるけど あの時の辛さに比べたらどうってことはないと感じる。 これからも、仕事やプライベートでも辛いことはたくさん出てくるでしょう。 そやけど、あの20年前を思いだせばどんなことにも耐えられる気がする。 そして、強くなれる。 それにしても、これからはそんな辛い思いはしたくないものですね。      焼鳥店開業したい方は誠塾公式ライン登録 ➡誠塾のオンライン講座はこちら 詳細はこちら

生きていることに感謝すれば、行動できる。

自分は、いつも行動力があると言われる。 若い頃から、行動力はあったけど年を重ねるごとに さらに、行動力が出てきた。 思ったことを、すぐに実行するというクセをつけている。 何故、そんなに行動力が出てきたのかといいますと 自分がガンになった時からかな… 自分は、これで死ぬんかな? そんなことを思った。 人間って、ほんまにいつ死ぬかわからない。 いつも、そう思いながら自分は生きている。 それなら、生きているうちに色々行動していないと 人生がもったいない。 若いうちは、死ぬことなんて考えたことはないので なんとなく生きてきたように思う。 死というのが、目の前に来たときに「好きに生きよう」と思った。 生きていることに感謝すること。 その感謝というのを行動に表わしていこう。 自分は、自分のためにだけ働いているわけではない。 周りの世話になっている人のために頑張ってるんです。 感謝こそが、自分のチカラになり行動になる。 今、なかなか行動ができないでいる人がいるなら 生きていることに感謝してみて下さい。 生きてるんやから、なんでもできるんです。 常に前を向いて生きること。行動することです。 生きていればなんでもできる。 今日も、思ったこと行動してみましょう。    焼鳥店開業したい方は誠塾公式ライン登録 ➡誠塾のオンライン講座はこちら 詳細はこちら