Tag: まことや

女性向けにつくねを変えました。

15年前くらいに、繁盛店へと導いたつくねだけど、 今は作り方を変えたのです。 変えたのは、まずは、なんこつを抜きました。 男性はこりこり感があったほうが好きな人が多いが、 女性はしっとりとした感じが好きなのではないかと 感じて、なんこつを抜きました。 そう、女性に好まれるようなお店にしたいと思っているからなんです。 そして一番変えたことはミンチを引くのではなくて 包丁で丹念にたたき手ごねしているところです。 なぜそうしているのかといいますと、そうすることで 一番おいしいと思うところで仕上げることができるからなんです。 こうして納得できる味を作ることができます。 それ以外は企業秘密になります。 僕のつくねは、どんどん進化していきます。 これからも、新しい商品開発していきますよ。 セミナー情報・修業情報はこちら

野菜ソースがよく売れている。

僕が、まことやから売り出している「野菜ソース」がよく売れている。 この野菜ソースというのはまことやの焼き鳥のたれです。 最近作り方を変えて、家庭でも使える様にまろやかにしました。 中には野菜や果物を入れて煮込んでいます。 だから甘味があってどんなお料理にも合う万能ソースに仕上がっています。 例えば 鶏のステーキ、トンテキ、牛ステーキなど、あとは野菜炒めに・チャーハンに、玉子かけご飯に と何でもOKです。 他には魚の刺身でも旨いですよ。マグロの漬けなどにしても美味しいです。 この野菜ソースはネットでも販売しています。 ネットで購入する場合は送料も込みで販売していますので少々高くなっています。 お店まで買いに来られた場合なら、お安く買えますよ。 ネットで購入する場合はこちら➡野菜ソース販売 セミナー情報・修業情報はこちら

焼き鳥の串打ちは独特なものを教えている。

まことや 飲食店コンサルタント「前田塾」では,他の焼き鳥屋さんでは、あまり見られないような独特な串打ちを教えています。 これは自分のこだわりの部分なんです。 焼き鳥歴34年経つ今でも、焼き鳥が美味しくなるような研究を怠らないことが大切だと思っています。 現在は高級焼き鳥店開業を中心に指導しています。 今週末からは炭は日向備長炭に変えて焼き鳥焼きます。 これからも、どんどん美味しさを求めて 焼き師としてもコンサルタントとしても本物 になっていきたいと思っています。   セミナー情報・修業情報はこちら

「まことや」は本物であるということ。

私の会社である「まことや」というのは本物であるという意味で付けた会社名であり屋号です。 私の名前の誠二からも取って付けた名前です。 お料理も本物であり、コンサルタントとしても本物でありたいという思いを常に持っています。 今後も常に、本物を目指して精進してまいります。 セミナー情報・修業情報はこちら

まごころ焼き鳥 まことやに10,000円コースが登場

記念日に最適10,000円コース ●先付け(ちょうちんの磯部巻き) ●馬刺しの盛り合わせ ●牛ステーキと、半熟うずら玉子のいくらのせ ●地鶏炭焼き、野菜サラダとザワークラウト ●せぎも串焼き ●天草大王の白肝串焼き ●地鶏串焼き ●串休め4品 ●せせりの抱き身串焼き ●テール串焼き ●首皮串焼き ●馬刺し大トロフレーク丼、うにといくらのせ(黄身漬け乗せ) ●手作りプリンと季節の果物   10,000円コースのお食事は動画で紹介しています。  セミナー情報・修業情報はこちら

完全予約制のメリット「まことや」

完全予約制にすると言ったら、店の都合だろ……なんて思う人も多いかとは思います。 たしかに、完全予約制でコース料理にすることで、お店の損失は減る。 しかし、お店は毎日、お客さんが来るかどうかわからない待ちの状態なのである。 来なかったらその日に仕入れた商品を破棄しないといけないこともあるし お客さんが多く入れば、売り切れてしまいお客さんの気分を害することもある。 お店は、その日の売り上げ予測をして仕入れるので難しくなるのであります。 それが、前もってコース料理を予約して頂ければ、その分だけ仕入れればいいし お客さんに料理を待たせることも少なくなる。 お店も、お客さんもストレスが無くなるのである。 こんなにいいことはないですよね。 このコロナの時代に、人は密集を避ける安心してゆったりと食事をしたいものある。 そのために、まことやは完全予約制(コース料理)にしたのである。 セミナー情報・修業情報はこちら

まことやが9月からリニューアルします。

私が運営している「まごころ焼き鳥 まことや」が8月30~9月1日の3日間改装工事します。 その後は、完全予約制・コース料理専門へと変わります。 今までは、串物が早い時間から売り切れたり、お客様が入れなかったり 料理が遅れたりとご迷惑かけてしまったこともありましたが、 完全予約制でコース料理にすることで その心配もなくなり、お客様も落ちつけて満足して頂けるのではないかと 予約制にした次第です。 今後も、コロナの影響は続くでしょうし、密集はさけないといけません。 人数制限して、ゆったりとお食事するには非常にいいのではないかと思います。 今後とも、まことやをどうか宜しくお願い致します。 セミナー情報・修業情報はこちら

あまから手帖5月号に「まことや」が掲載された。

あまから手帖5月号にまことやが掲載! 現在は、まことや休業中だけど、復活したらご来店下さい。 あまから手帖に掲載されるなんて信じられないですね。今でも自分で驚いているくらいですが、 本当に嬉しい事です。 インターネットで注文するなら楽天で販売されています。 あまから手帖 2020年5月号【雑誌】【合計3000円以上で送料無料】 価格:815円 (2020/4/29 10:08時点) 感想(0件) セミナー情報・修業情報はこちら

飲食店、今と昔どう変わってきたのか?働き方改革して自分の時間を持つ

僕の若い頃の飲食店は、基本的にブラック企業しかなかったですね。オーナーは社員に「働け、働け」何時間でも働かされたものですよ。常に売り上げを追いかけさせられましたね。 店長は、基本的に10時間~20時間は働いていて当たり前のような世界でした。 こんなことしてたら、飲食業をやろうと思う人はいなくなります。 これでは、だめですね。お店を管理しながらも、やはり自分の時間も作らないと精神的にも肉体的にもまいってきてしまう。 だから、私はこれまで営業時間の短縮をしてきた。 お客さんの事を考えて、お客さんを大切にするのは非常に大事なことです。 しかし、そればかりだと自分が体を壊してしまう。 自分が体を壊してしまったらお客さんを大事にすることもできないのである。   だから、自分が健康でいるためにも健全な営業をしないといけません。   豊かな生活をするということは、金持ちになることだけではない。心の豊かさというのは家族と楽しく遊んだり、友人と美味しいお酒を飲んで食事をしたりする時間を持つこと。 嫁さんと旅行に行く事。   そんな感じで、働き方を変えて「心を豊かにしていきたいなぁ」なんて思いますね。   僕の元で修業した人達も頑張らないといけない時はあるけど、まずは自分を大切にして、それからお客さんの事を考えてみてはいかがでしょうか? 今は、コロナウイルスで大変な時です。しっかりと寝て食べて体力をつけて免疫力を高めておきましょう。   セミナー情報・修業情報はこちら