Tag: 前田誠二

楽しく働くことが一番大事ですね

僕の周りにも「仕事が嫌い」「行きたくない」「やめたい」なんていう人がいる。これでは人生は楽しくない。 人生は楽しまないといけない。仕事が面白くないならやめればいい。 俺はそう思う。今の仕事を辞めて、何か自分の好きなことを見つけたらいいのではないかと思う。 収入は、たいしてなくても楽しくて心が豊かになるような生活できたら最高だと思う。 赤字で、火の車ではいけないけど…… 毎日の仕事が楽しくないなんて、これからの人生すべてが楽しくないと感じる 今の仕事が楽しくないなら、自分が楽しめることを見つけて歩み直せばよいではないか。 そう考えた人が、僕の元に修行に来ることが多い。 そして、自分の好きなことで収入を得るのである。飲食店は長時間労働で確かにしんどいけど、楽しいのである。 自分は毎日楽しんでお店に行く。今日はどんなお客さんが来るのかな? 今日は、あの人来てくれるかな?なんて考えるのが楽しみです。 今日は、天草大王が入荷する日なのでお客さんが喜んでくれるのが楽しみだ。 新しい料理を考えるのが楽しかったり、それを食べてもらって「うまい」なんていわれると、さらに楽しくなるのである。 毎日、毎日ワクワクしながらお店に行くのである。 皆さんも、こんな風に楽しんで人生をやってみませんか?毎日楽しいですよ     セミナー情報・修業情報はこちら

がんになってから、現在までを振り返る

人間は生きていても、いつ何が起こるかわからない怖さがある。 僕が経験したガンというのは、非情にも登り調子だった時の自分を襲った。 40歳というパワーあふれるときに、襲ってきたのであります。 あれで人生が狂ったのは確かやけど、それも運命やと受け止めて生きてきた。 そやから、もう何も怖いもんはないんですわ。 今回、書いた「がんから社会復帰!その軌跡!」という電子書籍の中に その思いというのをびっしり書いている。 この本は、紙の本でも6月18日からアマゾンから販売されます。 その本の中でも、この時の状況が書かれています。 40歳の時に、独立してお店を開店しようとした半月前にガンの宣告を受けた 不運な男 しかし、幸運にも命は助かった。 病気から学んだことは多いし自分を変えてくれ強くしてくれた。 そして、優しい人にしてくれた。 そして、思うことをすぐに行動に移せるようにしてくれた。 幸運にも助かった命を大事にして生きていきたい。 今は、そんな気持ちが強い。 そやから、1日、1時間、1分、1秒がほんまに大切や。 今日も、大切な時間を楽しく面白く、有意義に過ごしていきたいものですね。     セミナー情報・修業情報はこちら

1年は振り返らない。

この1年間、いろいろあったなぁ いいこともあり、悪いこともありです。 悪いことというよりは、イヤな思いをしたこと‥‥ 思いだすと悔しくなり腹立たしくなる。 思いだしたくないことがある。 1年を振り返ったって、心まで過去に戻ってしまう。 これではあかんと感じる。 そやから過去は振り返らない。 未来の目標に取り組んで、さらにまことやを発展させていきたいですね。 ところで……今日は仕事納めやな。 今日も1日、最高にまごころこめて鶏を焼きますよ。 本当に1年間ありがとうございました。 いつもいつも感謝しています。     セミナー情報・修業情報はこちら

健康管理は、ほんまに大事やな

自分は、今年57歳になった。 少し疲れるようになってきたかな… そんなことを感じるようになってきた。 今、体を壊してしまったらお店を閉めないといけない。 そやから、いつも健康でいないとあかん。 そこで、健康のために自分がいつもやってることを紹介します。 ●週に2日くらいの、ジョギング ●朝ベランダで、日光浴しながら腹式呼吸 ●朝ベランダでのシャドーボクシングと腕立て伏せ ●毎日、嫁さんが作るR-1入りの手作りヨーグルトを食べる ●寝るときは必ずマスクをつけて寝る。 ●水をよく飲むようにしている。 ●血行を良くするためのマッサージをする。 こんな感じで、毎日やるのが自分の健康法やな 皆さんも、一つでもやれることがあればやってみて下さい。 健康第一やからね。   セミナー情報・修業情報はこちら

焼き鳥歴30年やけど焼き鳥に愛情がなくなったら終わり

焼き鳥暦は、今年で30年目になるけど、まだまだ修行のつもりで焼いている。 お客さんからは、美味しいとほめられるけど、 そんなことで調子にのったらあかん。 僕自身は、「経験なんかよりも愛情を失ったらあかん」 そう言う思いで日々精進している。 よそのお店と比べる気は、さらさらないですが 僕が、他の焼き鳥屋さんに勝っていると思うのは 焼き鳥の旨さ、技術などよりも愛情やと思っている。 料理は「心」料理は「愛情」この一言に尽きる。 この土台がなくなると、たちまちお客さんは離れていく。 お客さんが離れていけば、お店は潰れる。 恐怖ですね。 料理も愛情、接客も愛情です。 愛情があるからこそ、お客さんから「焼き鳥が美味しい」と 言われるのです。 決して焼き鳥歴30年と、ふんぞり返らない。 昨日よりも、「旨い焼き鳥」今日よりも「旨い焼き鳥」 その気持ちが一番大事や。 手を抜けば終了してしまう。 だから、自分の体調を万全にして焼き台の前に向かう。 そして、毎日緊張して集中して焼き場に立つ。 「焼き鳥歴30年」よりも「愛情暦30年」 そんな気持ちで毎日焼いているんです。 僕よりもベテランの焼き師はたくさんいるはずです。 そんな焼き師の人よりも、美味しい焼き鳥を焼くには どれだけ串の1本1本に愛情をかけるかなんです。 僕も、まだまだ今の自分に満足はしていません。 満足してしまえば、終わると感じています。 すべてにおいて、日々進化していきたい。 そして、世界のまことやと言われるくらいのお店になりたいね。   セミナー情報・修業情報はこちら

焼き鳥修行の人の面談は明日や

明日は、焼き鳥修行をしたいという人の面談がある。 どんな人が来るのか? 不安半分、楽しみ半分という感じや。 1年後に焼き鳥屋開業を目指しているとメールでは言っていた。 かなりの強い意志で来ることでしょう。 これから商売というのは、甘い考えではできない。 当然、「焼き鳥屋くらい簡単だ」と甘い考えで来る人もいるが そんな人は開業しても上手くいくはずがない。 今回の修行の人は、嫁さんと子供二人、そして嫁さんの両親も同居 ということで、すごい決心の元で来ることでしょう。 素直で謙虚な人であってほしいと願い、期待している。 明日、楽しみやなぁ~~ セミナー情報・修業情報はこちら

「仕事」から「志事」へ移行しよう。

仕事の意味って何やろうか? そんなことを考えていた。 本来仕事とは単に「すること」という意味でしかなかったようだ。 それが、「すること」でもあり「すべきこと」でもある。 その「すべきこと」が生きていくために働くことになり 「職業」も意味するようになったという。 やがて、「お金を稼ぐために行うこと」「職業」という意味で 「仕事」を用いることが多くなったらしい。 「仕事」という言葉は、あまりいい言葉ではないように思うのです。 大体の人は、朝起きたら「あ~今日も仕事か」とか「明日から仕事イヤだな」 なんて仕事に対して、楽しくないような言葉ばかりが聞かれる。 そんな人は、なんのために働いているのかわからない。 僕は、ガンになった時に仕事を失った。 そやから働けることには非常に感謝している。 もし、貴方が仕事をお金稼ぐためだけのものだと思っているなら 「仕事」を「志事」というように変えてみたらどうだろう。 「志事」というのは、志(こころざし)をもってやる事 これは信念です。 これを絶対やるんだという「志」「信念」をもってやる事。 あなたも、仕事がイヤと思うなら 「仕事」を「志事」に変えて働いてみてはどうですか? 人生変わると思いますよ。 セミナー情報・修業情報はこちら

お店がうまくいかないのはすべて自分のせい。うまくいくのは人のおかげ

お店の売り上げがあがらないし、うまくいかないなぁ…… そんなことを考えている人多いんではないでしょうか? 何故うまくいかないのか? それは、すべて自分のせいなんです。 よく、うまくいかないのを、お店の場所のせいにしたり アルバイトのせいにしたりする店長や経営者がいます。 本当にそうなのでしょうか? 例えば、店長に「なんで売り上げがあがらないのか?」 ということを話したとしましょう。 店長は、「アルバイトが悪いからあかん」なんていうような ことをいう人がいたりしますが、そのアルバイトを教えているのは 店長なんやから、すべて店長のせいなんです。 売上が上がらないのも、アルバイトが失敗するのも すべてがトップの責任なんです。 僕は、いつもそう考えて仕事しています。 今の収入が少ないのも、まだまだ自分の能力不足やと 考えて、必死に頑張ることが大切なんです。 よく、給料が安い安い不満ばかりいう人がいますが それが今の自分の実力なんやと思って頑張ることですね。 逆にうまくいっている時はどうでしょうか? 自分が一人で頑張っていると思い込んでいませんか? それは、うぬぼれというものです。 だから、うまくいってる場合は周りのみんなのおかげで うまくいっているんだと考えることです。 お店の売り上げがあがり順調なときに、自分が頑張っているからやと 思うんじゃなくて、アルバイトの人たちが頑張ってくれるから うまくいっている。 そして、お客さんのおかげでうまくいっている。 周りの支援してくれている人のおかげでうまくいっている。 そうやって、上手くいかないときは全部自分のせいにして うまくいっているときは、周りの人のおかげやという謙虚な 気持ちで僕は、毎日周りの人たちに感謝して生きています。 それでは、今日も自分の周りの人たちに感謝して過ごしましょう。 セミナー情報・修業情報はこちら

想像力に限界はない。

想像力には限界はないとタイトルに書きました。 あなたもそう思いませんか? 知識を学び、そこから想像力を 働かせて、行動する。 想像力を働かせてから、知識を学んでもいいんです。 これを繰り返していくことは非常に楽しいですね。 想像力は、ほんまに果てしない宇宙のようなものです。 基本的に、僕は想像力だけで生きているようなものです。 色んなプラスのことを想像していると 凄い世界が広がります。 しかし、マイナスのことを想像してしまうと ほんまに、マイナスのことが起きてしまいます。 僕は、そんな経験を多くしました。 そやから、マイナスなことの想像は絶対に しないようにしています。 僕は、何をするにも問題点を考えずに 突っ走ります。 問題点ばかりあげてしまい、行動できない人よりは やってみて、問題点を解決していく方が 自分の勉強になるんです。 想像力を働かせて下さい。 気持ちが、うきうきしてきます。 想像したら、行動してみて下さい。 想像には限界はないんですから。 セミナー情報・修業情報はこちら

メニュー・チラシ・宴会パンフを作成中です。

さぁいよいよ10月ですね。 10月は、季節の変わり目ということで メニューの変更をする時期です。 まことやでは、高級食材の 合鴨の串や、牛のひれ肉の串焼き そして、小鍋などもメニューに入れていきます。 合鴨や牛ヒレは、かなりの高額になると 思いますので、ご了承下さい。 現在メニューを作成中ですので、10月中旬くらいには メニュー変更できると思います。 お店は、台風以降は少々お客さんも 少ない感じでしたが、昨日は 満席状態になりました。 今月の最後は宴会で詰まりました。 嬉しい限りです。 みなさんありがとうございます。 精いっぱい美味しいお料理をお作りしますので 楽しんで下さいね。 そして、新しいメニューが出来上がったら ブログで紹介しますので、楽しみにして下さい。 セミナー情報・修業情報はこちら