Tag: 焼き鳥

焼き鳥が美味しくなるように常に考えて進化させることが大切。

今の自分の経験に満足してはいけない。 満足してしまえば終わってしまう。 常に進化を続けないとお店はいつか潰れてしまう。 時代は常に前に進んでいるのである。 時代により経営の仕方も変わってくるのです。 特にコロナ後は今までの経営のやり方では 上手くいかなくなったのです。   だからこそ技術を磨くことに専念することが大切だと思います。 技術を磨いて磨いて、突き抜けて下さい。 必ず日の目を見ることになると思いますよ。 セミナー情報・修業情報はこちら

焼き鳥への思い。

現在は、高級な焼き鳥店を手掛けていますが、 以前は大衆的な焼き鳥店が好きでやっていました。 しかし、コロナウイルスが流行したことをきっかけに 客単価1万円~2万円くらいのお店へと変えました。 完全予約制・コース料理のお店です。 かなりの批判をされる方もいます。 「焼き鳥は安いのが一番だ」「高い焼き鳥で調子に乗るな」 なんて言う人もいます。 しかし、そうではないと僕は思うのです。 本当に美味しい焼き鳥を1人1人に届けたいという 思いがあるからこその予約制なんです。   いろいろなお客様を受け入れるのもいいかもしれないが、 お店のファンの方が急に来てお店に入れなかったり、 お料理が売り切れてしまったり、   お店のファンの方がすきなものを食べれなかったり、 イッキにお客さんが入り料理提供が遅れてお客さんに 迷惑をかけたりと不自由が多いのです。   そのために逆にファンの方が減っていくこともあります。 僕は、高単価のお店を手掛けてみて本当に、 愛情のあるお料理を提供できるようになりました。   これこそが、本物の焼き鳥店の姿だと感じるようになりました。 素材に関しても、最高にいい食材を選んで買うようになりました。   すべてがプラスになっています。   僕も、今年は62歳になる。 これからも焼きとりの世界を盛り上げていくために 焼き続けていきます。 セミナー情報・修業情報はこちら

塩の振り方

焼き師にとって塩の振り方は非常に大切です。 塩は素材から約30センチくらい離して、まんべんなく振るようにすることが大切です。 塩が一部分にだけ集中するとダメですからね。 そして串の上の身と下の身の塩加減も調整しましょう。 セミナー情報・修業情報はこちら

焼き鳥に合うお酒類って?

焼き鳥に合うお酒類はいったいなんなんでしょうか? 僕自身は、焼き鳥に合うのは何といっても炭酸系だと感じている。 焼き鳥を飲んで炭酸で口の中をスッキリさせればもう焼き鳥が進みますね。 しかし、それだけではない。 あらゆるお酒がある中で、日本酒でも焼き鳥に合う日本酒があります。 日本酒なら、静岡の開運やにごり酒が旨い。 ワインでも、国産のワインなら焼き鳥によく合います。 国産のワインは、あっさりしていて飲みやすいというのがいい。 スパークリングワインやロゼなんかもいいですね。 そして、炭酸飲料で欠かせないのがビール、ウイスキーハイボールだ。 ウイスキーもピンキリだけど、やはり高級な国産ウイスキーはハイボールにしても旨いですね。   セミナー情報・修業情報はこちら

あなたは何席くらいの焼き鳥屋をやるつもりですか?

今、大きなお店はどんどん無くなっていっています。 コロナで会社の宴会需要が無くなってしまったのが原因です。 今年の忘年会は、もう期待できないでしょう。 今年だけではなくて、これからずっとかも知れない。 今から、お店を開業しようという人は何席のお店をしようとしていますか? 8席、10席、20席、30席、50席…… 私がお勧めするのは、8席~10席ですね。 多くても15席までです。 夫婦2人で出来るお店がいいですよ。 そして、安いお店も禁物です。 周りに多くの安いお店があるから自分のお店も安くしなければ… なんて思ったら危険です。 やはり、適正価格で商売しないとお店は潰れます。 焼き鳥1本焼くために、串打ちもしないといけない。 串打ちにも人件費がかかるんです。 自分ですべてやるにしても自分の人件費も計算しないといけない。 そして、串の値段や炭の値段も焼き鳥1本の値段にいれないといけないのである。 そう考えると、安いお店を作ってしまうと当然儲かるはずもない。 ●●●円均一のお店などを見かけるけど、あれは大手チェーンだからできることです。 個人店が、そんな安いお店を作ったら一瞬で潰れます。 これからは、小さなお店でいかに利益を出すのかを考えて商売しないと 生き残ってはいけない。 セミナー情報・修業情報はこちら

焼鳥屋を開業をしたい方は鶏の刺身を売りにするな

これから焼き鳥屋を開業しようという人には、鶏の刺身を売りにしたいという人は多いと思います。 しかし、それはやめたほうがいい。最近も有名焼き鳥店が鶏の刺身で食中毒を出している。気をつけないといけない。 鶏は新鮮だから大丈夫という人はたくさんいるが、それは大きな間違いである。 新鮮な時こそ、カンピロバクター菌はたくさんいるのである。 現在、鶏の刺身を、大々的に販売しているお店もやめるべきや。 本来、鶏というのは刺身では食べたらあかんもんなんや。 それを、勝手に提供しているだけやからね。 特に、これから焼き鳥屋を始めたいという人は、絶対に刺身を売りにしてはいけない。焼き鳥屋始めるんやったら「焼き」で勝負するべきやな。 焼鳥屋は、焼きの腕をしっかりと磨き、美味しいだけやなくて人が感動するような焼き鳥を提供してほしいもんやな。 セミナー情報・修業情報はこちら

故 松下幸之助さんの名言

「商売とは感動を与えることである」松下幸之助さんは、そう言った。 まさしく、その通りですよね。 僕も若い頃は、そんなことは考えたことはなかった。 チェーン店にいた頃は、料理を覚えたり作るのに必死になり そして、よその店に負けてたまるかと売り上げばかりを 追いかけていたように思う。 しかし、大病をしてからは人に対して感謝の気持ちを持ち 焼き鳥を焼く気持ちも変わったように感じる。 そして、その焼き鳥で感動してくれるお客さんが増えました。 「焼鳥が美味しい」というよりも「感動しました」 そういう声を多く聞くようになった。 ほんまに嬉しいことやなと思う。 これからも、心で焼き鳥を焼きみんなを感動させたい。 ずっとその気持ちを忘れずに商売していきたいものですね。 セミナー情報・修業情報はこちら

島根の松江まで行ってきた。

今日は、僕の元で5日間の修業をした島根の人のお店に行ってきた。 5月1日のオープンの予定でしたが、色々とトラブルがあり 5月中旬になりそうな感じです。 屋号は「とり優」です。 行きのバスでは、宝塚と西宮北あたりで事故があり 渋滞のために1時間以上到着が遅れた。 日帰りやったので、時間もなくてゆっくりと 教える時間がなくて残念やけど、夫婦2人で 協力してやれば大丈夫と2人を見て安心しました。 あと、半月程やけど、オープンまでしっかりと 色々なことを整えて頑張ってほしいですね。 島根までは、なかなかしょっちゅうは行かれへんけど 成功することを祈っています。 セミナー情報・修業情報はこちら

鶏は変わっても愛情は変わらない。

4月から鶏の仕入れ先が変わります。 これは、今までの仕入れ先がやめてしまうので 仕方がない。 これまでは、和歌山産の鶏を使っていた。 今度は宮崎産が中心になります。 鶏の種類が変わるという事は、味も変わる。 多少は不安もある。 しかし、今までのように愛情をもって焼くことに変わりない。 鶏は変わっても、自分は何も変わらないのである。 僕の元で修行した人も、これからいろんなことに ぶつかることでありましょう。 そんな時は、自分を信じてやるだけなんです。 僕は、32年という焼き鳥経験、飲食経験がある。 そやから、鶏が変わろうがどうなろうが そんなのは関係ない。 僕の元で、修業してお店を開業している人は まだまだ経験は足りないかもしれない。 そやけど、僕の元で修行したことに誇りを持ち 自信をもって経営してほしい。 飲食店をやっていたら、これから辛い事 苦しい事、いろいろあると思います。 そんな時は修業時代の事を思いだして下さい。 いつも、その心と愛情を忘れてはあかんのです。 スタッフがいなければ、自分一人でやれることを やればいいと思います。 常に愛情をもって、人と接して、鶏と接していく。 鶏は変われど、愛情は変わらない。 常に愛情をもって焼き、美味しい料理を 提供することに変わりはない。 まだまだ、美味しさを求めて飲食店経営していきます。 セミナー情報・修業情報はこちら

鶏の種類により焼き方を変える。

来月から鶏の仕入れ先が変わり種類も変わる。 今までの焼き鳥とは確実に味が変わることやろうな。 そやけど、自分には32年の経験がある。 そやから、今回仕入れる鶏の味を知り、 その鶏にあった焼き方をすればええだけや。 4月から、どんな鶏が食べれるようになるのか お客さんは、楽しみ半分、不安半分……ですね セミナー情報・修業情報はこちら