Tag: 高級焼き鳥店

お客様1人1人のことを大切に思うなら高級店が一番です。

最近は、まことやでは10,000円のコースが よく入るようになりました。 今月は1万円コースがリピートされたりするくらい 人気が出ています。   予約人数や予約時間、予約のお料理が決まっているので、 その人に合ったお料理が作れるし、味にもこだわり 食材にもこだわることができます。 本当に高級店に変えてよかったと思います。 セミナー情報・修業情報はこちら

贅沢な時間をご提供したいですね。

コロナの時期がある程度過ぎました。 こんな時だからこそ飲食店で少しでも贅沢してみたいものですね。 僕は、そんな思いに応えたいと思っています。 だからこそ、大衆焼き鳥店から高級焼き鳥店に変えたのです。 僕の周りの飲食店の方々も、きっとそんな思いの方は 多いのではないかと思います。 しかし、やはり勇気は必要です。思い切って 変えていかないと今からの時代は飲食店にとって 厳しい状態が続くと思いますよ。 僕のように勇気を出して大衆焼き鳥店から 高級焼き鳥店に変えてみてはいかがですか? お聞きしたいことがあれば何でもお話しますので お気軽にご相談下さいね。 セミナー情報・修業情報はこちら

高級店に変えていくお店が増えているようです。

コロナが流行ってきてから、僕のお店「鶏割烹まことや」は高級焼き鳥店に変えました。 完全予約制でコースの料理のお店にしたのです。 鶏割烹というのも高級店に変えてから冠文字に付けました。 しかし、今でもコロナが蔓延していて今年の8ケ月は、まともには営業できていないが、 完全予約制にしたおかげで食品のロスがなくなり、コロナの時期で休業しているが赤字幅は少なくなっている。 席数も22席から8席に減らしたので、アルバイトの人件費もかからない。 経費は抑えられている。 今後コロナがある程度収束したとしても、お客さんは果たして帰ってくるのだろうか? みんなお金を使わなくなるのではないかと思う人は少なくない。 しかし、頻繁に飲み歩くのではなくて、1回の食事にお金をかける傾向にあるのは確かです。 月1回に高級店に行く人が増えると考えられる。月1回の外食が非常に大事になってくるのである。 そして、高いからこそ行ってみたいという事になってくることでしょう。 だいたい、今まで安売りしているお店が多すぎるのです。 日本は、なんでこのように安いのか?世界を見て下さい。 めちゃめちゃ高いお店が多いです。日本だから高級店なんて言われるが、基本的に日本は安すぎる。 いいものを適正価格で売れば商品は高く売らなければいけない。 今の日本のお店は適正価格で販売できていないお店が多すぎる。 安売りの価格競争ばかりしているのです。 これではいつまで経っても日本の経済はダメですよ。 いいものは高く売って当たり前なんです。 でないと生産者の方達も儲からないですよ。 高級店にするには勇気はいることでしょう。 しかし、世の中がそういう世の中になっているのです。 今、高級店をやらない手はないですよ。 僕は、高級焼き鳥店の作り方を教えています。 オンライン講座も開催していますので、いつでもお申し込み下さい。 現在は60分3000円で開催していますが、 コロナ緊急事態宣言の間(大阪9月12日まで)は、90分3000円で開催させて頂きます。 ➡オンライン講座お申し込みはこちら セミナー情報・修業情報はこちら

焼き鳥の技術をしっかり覚えて本物にならないと勝てない世の中

焼き鳥というのは、当然部位により焼き方を覚えないといけない。 肝・せぎも・もも・ずり・こころ・テール・皮など部位は多いですね。 こればかりは焼き方を教わり、何度も何度も焼いてみないとわからないものであります。 焼き師により串打ちや焼き方は変わります。 以前までは僕は、3か月の修業で独立ということで素人の方、脱サラの人に教えてきました。 しかし、今は焼き鳥経験者に向けて、高級焼き鳥店創りをお教えしている。この場合は未経験の人では難しいと思うので、3か月で身に付けることは不可能になってきたんです。 経験者の方なら、もう既に焼きの腕もあるし、串打ちもできる。 あとは、高級店にするための考え方や行動を変えればいいだけなのです。 しかしながら、今までの自分のやり方を変えるのは難しいことかもしれない。 今までの自分の経験や、プライドがジャマしてしまうものです。 世の中はもう変わってしまっている。 この変わってしまった世の中に生きている以上は自分の考え方を変えないと飲食店は生き残っていけないのであります。 安売りをしているお店や、値引きでお客様を集めているお店、生産性の悪いお店を作ってしまったら、利益が上がらないお店になり潰れてしまうのです。 今までは、たくさんのお客様を集めてきたかもしれません。 しかし、今後もコロナの影響は大きく、人の動きは変わります。 今までのような経営方針では、やっていけないと考えられます。 これなら、今まで以上に腕を上げて高級なコース料理の焼き鳥店にするしかないのではないですか? セミナー情報・修業情報はこちら

焼き鳥の串打ちは独特なものを教えている。

まことや 飲食店コンサルタント「前田塾」では,他の焼き鳥屋さんでは、あまり見られないような独特な串打ちを教えています。 これは自分のこだわりの部分なんです。 焼き鳥歴34年経つ今でも、焼き鳥が美味しくなるような研究を怠らないことが大切だと思っています。 現在は高級焼き鳥店開業を中心に指導しています。 今週末からは炭は日向備長炭に変えて焼き鳥焼きます。 これからも、どんどん美味しさを求めて 焼き師としてもコンサルタントとしても本物 になっていきたいと思っています。   セミナー情報・修業情報はこちら

高級焼き鳥店に変えてからどう変わった?

まことやは、普通の焼き鳥店から高級な焼き鳥店に変換したわけですが、 その後、何がどう変わったのかのお話をします。 以前は、毎日毎日朝早くから仕込みをして夜遅くまで働いていて人件費も、かなり上がっていました。 いくら頑張っても利益が少ないという状態が続いていたのです。 しかし、高級店に変わってからは客単価は8,000円となり、以前よりも4,000円以上上がりました。 そして料理のクオリティも上げる事が出来ました。 以前は、単価が安いので仕入れ時には、どうしても安いものを仕入れようとしてしまいます。 しかし今では高くても、より良いものを仕入れることが出来るのです。 営業時間も基本的には22時までですが、状況によっては21時くらいで終わることもある。 身体の負担も少なくなりました。 夜も早く寝れて朝ごはんも食べることが出来るようになりました。 料理の研究も出来るし、経営の勉強もできるのです。 プラスになることばかりです。 ここまでガラリと変えるという事は確かに勇気のいることです。 しかし目標を持ってしっかりと、その目標に向かって努力していれば必ず成功へと向かっていくことが出来ます。 このコロナ時代を生き抜くためにはこれしかない。 やるしかないのです。 セミナー情報・修業情報はこちら