Tag: 50歳

50歳か60歳が人生の分岐点

サラリーマンで長くやってきたけど、何かを始めたい。そんな人が僕の元によく来たりします。50歳、60歳というのは迷いの時期なんです。 65歳に定年が伸びた。65歳まで会社に勤めていると体も動かなくなるんじゃないかと心配になる。65歳からなにをすればいい……そんな心配をしてしまうのが50歳か60歳なのだ。 50歳で今のうちに、何かを始めなければいけないと会社を辞める決意をする。 50歳を超えれば60歳までは会社に残ってしまうんですね。 50歳で決めるか、60歳で決めるのか?非常に難しい選択ですよね。 僕がすすめる歳は、やはり50歳から始めるのがいいとは思います。 僕も来年は60歳になるのですが、60歳になると、やはり体はしんどくはなります。50歳の時と60歳では体力的にも全然変わってきます。 若い頃の様に、早い時間から夜遅くまで経ちっぱなしで働くのは体力的に辛くなってきます。 しかし、60歳の人には60歳のやり方を教えれば楽に商売はできます。 営業時間は、最初から短めに設定して休みを増やしてもいいではないか。そしてお店は3坪~5坪くらいで1人でやるか夫婦でやれば利益も出やすいし動く範囲も少なくなる。 こうやって工夫して経営していけば、細く長く経営できるはずだ。 そのためには、しっかりと数字を管理してお店の運営をしていかないといけない。 50歳~60歳になれば、お店の大きさは3坪~5坪をお勧めします。 席数にして、カウンター8席か10席くらいがいいのではないかと考える。これなら1人でも夫婦2人でもできるのである。 メニューは焼き鳥の串と小鉢の一品物だけで十分です。 そこに季節のメニューなどを月代わりでいれるくらいでOKです。 50歳、60歳だからといって諦めずに、焼鳥屋をやりたいという若い頃の夢を叶えてみて下さい。僕はそんな人たちをこれからも応援していきたいですね。 セミナー情報・修業情報はこちら

定年からでも焼き鳥屋開業ができる!

飲食店というのは、非常に体に負担がかかる。 朝早くから、仕入れして仕込みして営業する。 そんなこともあり、しばらくは定年後の 焼き鳥屋修行は、お断りしていた。 しかし、定年後に夢を叶えたいという人も多くいる。 そんな人達の夢のお手伝いもしたいですね。 ということで、今では40歳、50歳に加え60歳の方の 焼き鳥屋開業のお手伝いもしていきたいと思っています。 セミナー情報・修業情報はこちら

50歳から焼き鳥屋開業は遅いですか?

50歳から焼き鳥屋開業は、決して遅くはありません。 60歳からでも決して遅くはないとは思いますが さすがに60歳になると体力的にしんどいかな…… お店の大きさは、8坪~10坪をお勧めしているけど 3坪~5坪で1人でやればいいとも思います。 50歳くらいから体力もかなり落ちてきます。 あまり大きなお店を作ってしまうと、 仕込みも多くて、大変なことになります。 朝早くから夜遅くまで働くので体力に自信がないとできません。 焼鳥屋は、だいたい夜の12時とか2時くらいまで 営業しているところが多いと思いますが 串打ちの仕込みは非常に時間もかかり、早い時間から 動きださないと営業に間に合いません。 自分の健康も考えて、営業終了時間も早めればいいと思います。 短時間営業でも、しっかりと利益を取れるように考えて やっていければいいんです。 ちなみに僕の店では 平日 17:30~22:30(ラストオーダー22:00) 日・祝 17:30~22:00(ラストオーダー21:30) こんな感じで、短時間営業しています。 僕も、来年は60歳やけどボクシングで鍛えた体と あとは焼鳥屋(飲食店)経験が32年あるので 慣れもありやっていけています。 経営者になると、お店を開けている時間だけが 経営ではなくて、定休日でもお店のことを 考えていないとあかんのです。 道を歩いていても、何かひらめきがあったり お店に活かせるヒントがあるんです。 そやから、起きている間はずっと仕事してる感じやな。 体は休めても、頭はフル回転している。 そんな状態で、毎日過ごしている。 50歳・60歳は、人生経験豊富なんやから 体力だけやなくて、頭を使い焼鳥屋経営を していったらええ。 歳は、単なる数字にすぎないと思うし やる気さえあれば、何歳だってできる。 そんな気持ちが一番大事やと思います。 セミナー情報・修業情報はこちら

40歳・50歳から焼き鳥屋をやりたい方を応援

僕は、基本的に40歳、50歳の方の焼き鳥屋の独立を応援している。 40歳から50歳の頃には、今のままサラリーマンのままでいいのか… なんて、悩んでいる人が多いのは確かなんや。 僕の元にも、40歳、50歳の人が修行に来ることは多い。 まるっきりの素人の人が多くて、みんな真剣に取り組んでいる。 飲食店は時間も長くてしんどいけど、それでもやりたいと 頑張っている。 そんな40歳、50歳の男女を、これからもずっと 応援していこうと考えている。 セミナー情報・修業情報はこちら