新しいチーズプリンが完成!

最近チーズプリンをホールで焼いたら、上手くできた。

こんな感じです。

明日、火曜日からチーズプリンがチーズプリンケーキに変ります。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)





幸せってなんやろか?

幸せについて考えてみた。幸せって何やろか?

幸せってお金持ちになり、いい時計をつけていい車に乗る事?そやないで

幸せって、毎日その辺にゴロゴロと転がっている。

それは、小さな幸せかも知れない。お昼に食べたランチに幸せを感じたり、仕込みが早く終わり、ほんの15分間の休憩でコーヒー飲むことに幸せを感じたりもする。

そんな小さな幸せがあることで、人生が楽しくなってきます。

自分は、今幸せじゃないと思っているなら大間違いや。生きているだけで幸せやないか。

毎日小さな幸せを感じて、小さな幸せを積み重ねて大きな幸せにしていこうや



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)





歳を取れば経験が増える!そして経験は武器になる。

50歳やから無理だ…60歳だから無理だ…年を取るとついついそう思いがちである。そやけど、そんなことはない。

50歳には50歳の経験があるし、60歳になればさらに経験が増す。経験ほど武器になるものはないのである。

歳を取るのは嬉しい。若い頃は歳は取りたくないと思っていたけど今は歳を取ることが嬉しいのである。今よりも経験が増えて楽しくなる。

来年には60歳になるけど、まだまだ人生これからやと思っている。

まだ、自分の夢も目標も達成していないので、若さを保てるのである。

俺は、頭はハゲているけど、まだまだ気持ちは若いで。気持ちは20歳代の時と変わらない。歳なんて単なる数字にすぎないと誰かが言っていた。

その通りだと、60歳前になって思う。そやから50歳であろうが60歳であろうが、まだまだ焼き鳥屋をやりたいと思うならやれるよ。

確かに体力だけは、若い頃とは違うのは確かや。そやけど精神力だけは若い頃よりも強くなっているはず。考え方も全然違うはずや。

50歳、60歳の人達、まだまだ若い、まだまだやれるよ。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)





チーズプリンのPOPを6コマ漫画で表現してみました。

これ、なかなかいい出来やと思うんですけど、どないですか?



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)





超ホワイト企業になろう

飲食店というのは、労働時間が10時間~15時間は当たり前の世界や。そやけどそれでええのか?考えてみた。

昨日飲食店のニュースで記事を見ると超ホワイトな飲食店で成功させているお店のニュースが掲載されていた。

僕も30歳代の頃は、20時間労働が当たり前の世界にいた。

おまけに、お店は定休日なしなんて今では考えられないでしょ。

その当時家族と遊ぶことも出来ないし、家族の寝顔しか見たことがなかった。

今では信じられないことです。

そんなことが当たり前の世界では、だれも飲食業界に入ろうとは思わないでしょ。

超ホワイト企業で、伸ばして行けるお店ってほんまに魅力的ですよね。

現在自分がやっている作業を人に任せようと思うと、誰も付いてこれないでしょうしブラック企業やと言われることでしょう。

このままの会社では、若い人達が入社してこれないと感じる。

だから、俺はなんとか工夫して超ホワイトな飲食店にしていきたいと考えている。

超ホワイトな飲食店。難しいかもしれないけど工夫して成功させたいな



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)





前田塾で修行した人には成功してほしい。

前田塾で修行して、焼鳥屋を開業した人には絶対に成功してほしいという思いは強い。そして、なが~く続けてほしいのである。

商売をしていれば、いろんなことが起こる。

1年経てば、周りに何かしら変化が起こるのである。

常にその変化に対応していかないと商売が難しくなってくる。

去年は、「これで上手くいっていたのに……」そう思って何もしないでいるといつの間にかお店は閑古鳥…なんてことが起こったりする。

お店というのは、行きずまることもある。しかしそこは、前向きに前向きに何かを考えて行動を起こすことが大事や。

後ろを振り向いても何もないのである。常に前を向くことである。

前田塾で修行した人は、みんな成功して下さい。そして悩みがあるならいつでも僕の元に相談に来て下さい。

悩むよりも動くことを大事にして、これからも商売していきましょう。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)





50歳か60歳が人生の分岐点

サラリーマンで長くやってきたけど、何かを始めたい。そんな人が僕の元によく来たりします。50歳、60歳というのは迷いの時期なんです。

65歳に定年が伸びた。65歳まで会社に勤めていると体も動かなくなるんじゃないかと心配になる。65歳からなにをすればいい……そんな心配をしてしまうのが50歳か60歳なのだ。

50歳で今のうちに、何かを始めなければいけないと会社を辞める決意をする。

50歳を超えれば60歳までは会社に残ってしまうんですね。

50歳で決めるか、60歳で決めるのか?非常に難しい選択ですよね。

僕がすすめる歳は、やはり50歳から始めるのがいいとは思います。

僕も来年は60歳になるのですが、60歳になると、やはり体はしんどくはなります。50歳の時と60歳では体力的にも全然変わってきます。

若い頃の様に、早い時間から夜遅くまで経ちっぱなしで働くのは体力的に辛くなってきます。

しかし、60歳の人には60歳のやり方を教えれば楽に商売はできます。

営業時間は、最初から短めに設定して休みを増やしてもいいではないか。そしてお店は3坪~5坪くらいで1人でやるか夫婦でやれば利益も出やすいし動く範囲も少なくなる。

こうやって工夫して経営していけば、細く長く経営できるはずだ。

そのためには、しっかりと数字を管理してお店の運営をしていかないといけない。

50歳~60歳になれば、お店の大きさは3坪~5坪をお勧めします。

席数にして、カウンター8席か10席くらいがいいのではないかと考える。これなら1人でも夫婦2人でもできるのである。

メニューは焼き鳥の串と小鉢の一品物だけで十分です。

そこに季節のメニューなどを月代わりでいれるくらいでOKです。

50歳、60歳だからといって諦めずに、焼鳥屋をやりたいという若い頃の夢を叶えてみて下さい。僕はそんな人たちをこれからも応援していきたいですね。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)





飲食店は個性が大事や。

今飲食店乱立時代を向かえている。非常に飲食店が多い。

開店しては、潰れて、また開店する。これの繰り返しやな。

そこで選ばれるお店というのは、美味しいだけやないんです。

やっぱり、お店に個性がないとあかんのですよ。

大将の個性は、当然の事ですがスタッフの個性があふれるお店がええ。

俺は、そう思う。マニュアルにがんじがらめになってしまった言葉や

行動だけではあかんのです。

スタッフ1人1人が自由に楽しく作業をして接客する。そんな姿を見てお客さんも楽しく食べて飲めるのです。

大将が厳しい顔をして、監視しているようなお店ではアルバイトの子達も緊張して顔をこわばらせてしまう。たしかに少しは緊張感は必要やけど、みんなが個性を発揮できないようではあかんと思う。

スタッフみんなが、色々と心得ながら個性を出してお客さんを楽しくさせるようなお店になれば理想的やな。

いいお店作りは、個性のあるスタッフからできている。

いつも、楽しく明るいお店っていいですね。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)





「ラーメン」「首皮」「皮付きせせり」「ねぎま」がよく出ます。

ラーメンは、鶏の足を5時間静かな火で煮込みますので透明に近い澄んだスープが出来上がるのです。それを味付けした薄味の塩ラーメンです。麺は細麺を使用していますので食べやすくて焼き鳥を食べた後には最高です。

首皮は、まことや独特の串打ちで焼きますので焼き始めから1時間以上かかるのですが、注文がよく入ります。混んでいるときは2時間くらいかかってしまうこともあります。それでも待ってくれる人もいます。外はカリッとして中はジューシーで癖になる味です。1日10人前限定ですので早い時間にご来店下さい。

せせりは首の肉です。首の肉の上に首の皮をかぶせて焼きますので外はカリッとしていて中はプリッとしています。これは大人気の串焼きです。これもまことやでしか味わえない串焼きです。

ねぎまは、かしわのモモを使用しています。白ネギは鳥取産の白ネギでシャキシャキしていて非常にうまい。焼くと鶏の脂が白ネギにしみ込み旨くなります。食べ応えがありますよ。

今日は人気の料理の紹介をしてみました。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)





メッセージカードに書いていた絵

何年か前に、こんな絵をメッセージカードに書いていた。

今は、仕込みに追われて、なかなか書く時間はないけど絵っていいですね。

絵を見ていると、気持ちが落ち着いて本当にいいんです。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)