明日のまことやの営業はカウンター8名のみで3000円コースのみ

明日の、まことやは1人で営業するので

カウンター8名様限定で3000円コース限定

営業します。

人手不足で、お客様には迷惑をかけてしまうけど

席数を減らして営業しますので

ご理解のほど宜しくお願いします。

人手不足で、お店を1人で営業する日が多くなってきた。

まことやのアルバイトは、大学1回生2人と2回生1人で

1回生の子たちは、学業で忙しくてお店に出れない日が多くなった。

今月は、スタッフがいない日が多くて座敷が使えない。

営業を1人でやらないといけない日も多く出てきた。

なんとかせなあかんと思うのですが……

募集しても人が来ないのは見えているし金の無駄です。

自分1人でも出来る範囲で営業せんとあかん。

20席以上のお店を1人では、営業できないので対策として

カウンター席8席のみでの営業と、

3000円コースのみの営業。

1人で営業出来る方法を考えていかんとあかんのです。

お客さんには迷惑をかけてしまうけど、無理して頑張って

お客さんを入れても、逆に迷惑かけてしまうので

ほんまに、自分が出来る範囲で地道に美味しい焼鳥を焼くように

心がけていきますので、今後ともよろしくお願いします。

 

人手不足も、プラスに考える。

人手不足には参るなぁ

そやけど、落ち込んでいる場合やない。

落ち込んでてもしゃーない。

この状況をプラスに持っていけるようにせなあかん。

マイナスにばっかり捉えてたら、気が滅入る。

とにかく4月はガマンの時やな。

焦ってもしゃーないし、今は流れに任せるしかないか……

 

まことやは、今日も1人で営業や……

まごころ焼き鳥 まことやは人手が足らず今日も1人で営業します。

今日は予約が入っていて貸し切りで営業するので1人でも営業できる。

今日は、アルバイトの子が就職活動中で、最終面接で東京にいかないといけないと急に決定されたらしくて仕方がない……

他のアルバイトの子も都合がつかずに出勤不可能やった。

自分の力のなさを痛感させられますね。

まぁしゃーないから開き直って楽しく営業せんとあかん。

でないと予約してくれたお客さんに失礼やからな。

1人で、できる限りのことをやるまでのことや。

そやけど、いつまでこんなことを繰り返してるんやろか?

いいお店に育てるためには、このままではあかんなぁ。

お客さんにしっかりとサービスできる体制を早く作らんと

あかんなぁ。

そやけど、これも自然の流れの中での出来事や。

自然に任せるしかないな。

こんなピンチの後は、必ず大きなチャンスが訪れるはずや。

今年も、あと3か月や。

この3か月の間で、かなりの大きなチャンスが来る予感がする。

いうて、プラスに考えています。

何でもプラス思考が自分のええとこやから、とにかく気楽に笑って頑張ろうかな 😛

来月、10月1日にはアルバイト募集広告をタウンワークでだします。

タウンワークを見た人は、どんどん面接に来て下さい。

 

 

 

 

アルバイト不足が深刻や。

アルバイトが不足してしまい、自分一人で営業しないといけない日がある。

ほんまに大変な状況である。

そやけど、これを乗り越えていかんとあかんのです。

10月初めにはアルバイト募集を出すので、これで来ないと

年末から来年が人手不足で大変なことになってしまう。

お客さんも、思うように入れることができないので困る。

今まででも、なんどもアルバイト募集媒体に広告を出したけど

1人も応募がないということが多い。

働く人がなかなかいないものなんですね。

時給を上げて掲載しても、そう簡単には来ないのが現実です。

来年は、まことやのアルバイト学生さんも卒業してしまうので大変やなぁ

今回の、アルバイトの募集で真面目でいい子がたくさん

来てくれることを期待している。

12月の忘年会シーズンに人手不足になってしまったらあかん。

そして、まことやでアルバイトしてくれたら、お店のことをちゃんと考えて

行動してくれる人を育てないといけない。

そのためには自分も、もっといろいろな意味で成長しないといけないのである。

自分が成長して、スタッフたちも成長させていく。

これが自分に課せられた今後の課題やな。

それにしても、スタッフが揃わないと自分がやりたい仕事が

少しも前に進まないので困る。

今回の募集は、今年の終わりから来年に向けて大きく飛躍するために

本当に一番大事な募集なんです。

 

 

最低賃金が10月から936円になる!

またまた、アルバイトの最低賃金が上がる。

どないなってんねんっていう感じやな。

これ決めてんのは厚生労働省か……

日本の景気を良くしようという対策らしいが

上手くいっていないのは確かやな。

アルバイトの時給が上がれば、経営者はなんとか人件費を

抑えようとするのは当たり前や。

そうすると、一日のスタッフを減らして労働生産性を上げようとする。

人を減らし、メニューを減らしサービスは悪くなってしまう。

悪循環になるばかりである。

しかし、お店のサービスが悪くならないように、アルバイト一人一人の

能力をアップしていかないといけないが、厳しくし過ぎると

すぐにやめてしまうのである。

こうやってアルバイトの最低賃金が上がるたびに企業は苦しむ。

アルバイトの最低賃金は上がるが、社員の給料は上がらないと

ぼやく人も多いのではないか……

社員の給料を時給換算すると、きっと500円~600円くらいだろう。

社員として働くよりは、アルバイトで働いた方が稼げるということで

社員になろうという人は少なくなる。

単純に考えるとこうなる。

これで利益を上げようと思うなら当然メニューの値上げをしたり

料理に工夫が必要になってくるのである。

そうしないと、お店は潰れてしまう。

おまけにいずれは消費税まで上がる。

その税金は、あまり有効には使われていないように思うのは自分だけなのか?

世の中のやり方は、間違ってるんやないかと思っても

中小企業の経営者が、日本を変えることはできないのである。

それに合わせて対策を立てて、生き残りをかけて経営していかなあかんのです。

飲食店経営者の皆さん、弱音を吐かずに真剣に工夫して

楽しく頑張っていきましょう。

 

アルバイト募集について時給を考えみた。

現在、アルバイト募集をフリーペーパーに掲載しようと考えている。

そこで、時給について考えてみました。

周りでは、今時は時給1,000円出さないと来ないという。

しかし、今まで1,000円の時給でアルバイト募集しても応募は来なかった。

アルバイトの広告掲載だけで、どれだけのお金を

無駄にしてきたかわからない。

そこで、今回募集するときの時給を決めました。

週に何日入れるかにより時給を分けようと思います。

①週1~2日 950円

②週3日  970

③週4日以上 1,000円

※③の場合は週により入れる日数が変わる場合は

月トータル16日以上働けばOK

22時以降は、上記の時給の1.25倍になります。

この時期の募集で、アルバイトの人が入らなかったら

来年が厳しくなる。

来年は、大学生の卒業で2人いなくなるので大変やな……

なんとか、次の募集でアルバイトが集まることを祈りますね。

 

 

アルバイトの時給最低賃金が上がるらしい。

アルバイトの時給最低賃金は、何のために上がるのか?

誰が決めているのか?意味が解らない。

なんか毎年上がっているように思えるが……

こんなことをしていたら、アルバイトを探す人は時給で探す人が増える。

実力もないのに、最初から高い時給の所を探す人が多くなる。

お店側としては、高い時給で募集した場合は仕事ができなくても

時給を下げることはできないのである。

しかし、これからは高い時給で雇ったとしても、お店側が期待するくらいの

仕事ができなかった場合は時給を下げることも考えないといけない。

こういうことは、就業規則に書かないといけないのかもわからない。

これから、安い時給から頑張っていこうという若者が減るような気がする。

なんか間違った世の中になってきたなっていう感じやな。

 

アルバイトの時給の最低賃金が、また上がるかも…

今日、グーグルアラートの最新ニュースでみた情報やけど

またまたアルバイトの最低賃金が上がるという。

これ以上上がったら、ほんまに経営者は大変やね。

調べてみると全国平均で時給が26円引き上げられるようです。

大阪では、現在909円やから935円くらいになるかな?

全国平均で、26円ということやから大阪は少し高いかもしれない。

ヘタしたら、時給の最低賃金が950円くらいになるのかもしれませんね。

2020年には東京では、最低賃金が時給1,000円になるという。

現在は東京で、平均時給が985円が最高らしい。

毎年毎年、時給の最低賃金が上がり過ぎでしょ。

ほんまにまいりますね。

 

アルバイト募集のキャッチコピーを変えてみた。

お店の前に、アルバイト募集の紙を貼って いる。

そのキャッチコピーを昨日変えてみた。

今までは、なんとなく楽しそうな感じのキャッチコピーやったけど

今回は、「大将もお店も厳しいけど、それだけにやりがいもある」

という出だしから始まる。

まことやは他の飲食店と違い、まかないを食べる時間も場所もない。

だから、今回は「美味しいまかないあります。」いうようなことは

書かないようにしている。

実際に飲食業は、そんなに甘い世界ではない。

甘い言葉で人を集めるよりも、厳しさを伝えて人を集めた方が

いいと感じてやってみました。

さあどんな結果になるでしょうか?