歳を取れば経験が増える!そして経験は武器になる。

50歳やから無理だ…60歳だから無理だ…年を取るとついついそう思いがちである。そやけど、そんなことはない。

50歳には50歳の経験があるし、60歳になればさらに経験が増す。経験ほど武器になるものはないのである。

歳を取るのは嬉しい。若い頃は歳は取りたくないと思っていたけど今は歳を取ることが嬉しいのである。今よりも経験が増えて楽しくなる。

来年には60歳になるけど、まだまだ人生これからやと思っている。

まだ、自分の夢も目標も達成していないので、若さを保てるのである。

俺は、頭はハゲているけど、まだまだ気持ちは若いで。気持ちは20歳代の時と変わらない。歳なんて単なる数字にすぎないと誰かが言っていた。

その通りだと、60歳前になって思う。そやから50歳であろうが60歳であろうが、まだまだ焼き鳥屋をやりたいと思うならやれるよ。

確かに体力だけは、若い頃とは違うのは確かや。そやけど精神力だけは若い頃よりも強くなっているはず。考え方も全然違うはずや。

50歳、60歳の人達、まだまだ若い、まだまだやれるよ。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




50歳か60歳が人生の分岐点

サラリーマンで長くやってきたけど、何かを始めたい。そんな人が僕の元によく来たりします。50歳、60歳というのは迷いの時期なんです。

65歳に定年が伸びた。65歳まで会社に勤めていると体も動かなくなるんじゃないかと心配になる。65歳からなにをすればいい……そんな心配をしてしまうのが50歳か60歳なのだ。

50歳で今のうちに、何かを始めなければいけないと会社を辞める決意をする。

50歳を超えれば60歳までは会社に残ってしまうんですね。

50歳で決めるか、60歳で決めるのか?非常に難しい選択ですよね。

僕がすすめる歳は、やはり50歳から始めるのがいいとは思います。

僕も来年は60歳になるのですが、60歳になると、やはり体はしんどくはなります。50歳の時と60歳では体力的にも全然変わってきます。

若い頃の様に、早い時間から夜遅くまで経ちっぱなしで働くのは体力的に辛くなってきます。

しかし、60歳の人には60歳のやり方を教えれば楽に商売はできます。

営業時間は、最初から短めに設定して休みを増やしてもいいではないか。そしてお店は3坪~5坪くらいで1人でやるか夫婦でやれば利益も出やすいし動く範囲も少なくなる。

こうやって工夫して経営していけば、細く長く経営できるはずだ。

そのためには、しっかりと数字を管理してお店の運営をしていかないといけない。

50歳~60歳になれば、お店の大きさは3坪~5坪をお勧めします。

席数にして、カウンター8席か10席くらいがいいのではないかと考える。これなら1人でも夫婦2人でもできるのである。

メニューは焼き鳥の串と小鉢の一品物だけで十分です。

そこに季節のメニューなどを月代わりでいれるくらいでOKです。

50歳、60歳だからといって諦めずに、焼鳥屋をやりたいという若い頃の夢を叶えてみて下さい。僕はそんな人たちをこれからも応援していきたいですね。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




焼き鳥「蔵々」が1周年

月曜日に、僕の元で修行した人から電話が入った。

その人は阪急神崎川で焼き鳥屋「蔵々」を経営している。

店主は人柄も良くて、頑張り屋です。

僕は「深ちゃん」と呼んでいます。

その深ちゃんから、感謝の電話があった。

「1周年迎えることが出来ました。前田さんのレシピは凄いです」

そういっていました。

僕は、「いやいやレシピだけの問題やなくて深ちゃんがよく頑張ったからや」

そう言いました。

僕が教えたからとか、レシピが素晴らしいとかじゃなくて

店主が、頑張っているからです。

オープンしてから今でも繁盛しているお店。

本当に嬉しいことです。

これからも、体に気をつけて長く商売してほしいですね。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




島根の「とり優」が12日にオープン

僕の元で5日間だけ修行に来はった方が今月12日にオープンする。

いろいろあって、オープンが遅れたが、なんとかオープンする。

緊張していることでしょうね。

遠くにいる僕も緊張している。

そやけど、嬉しいな。

こうやって旅立っていき夢である焼き鳥屋を開業できる。

素晴らしい事やな。

成功祈っています。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




前田道場で修行した人のお店が昨日オープンした。

昨日、修業の方のお店がオープンした。

無事にオープンして、オープン日は満席になったと報告があった。

焼き場の注文が多くて大変やったようです。

まぁしかし、なんとかオープンしてくれて「ほっ」としている。

そやけど、これからが大事になってくる。

オープンがゴールやない、スタートなんや。

これからの長い長い道のりをへこたれず、あきらめずに頑張ってほしいですね。

 



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




いい焼き師をたくさん育てたい。

自分の社会での役割は、いい焼き師を多く育てることや。

それは、ただ美味しい焼き鳥を焼けるだけではあかんのです。

心のある焼き鳥が大事なんです。

鶏を焼くという単純な作業にも思えるけど、難しい。

しかし、考えすぎてもあかんのです。

楽しむことなんです。毎日味を進化させるために楽しむことや。

今やっていることを楽しみ、人生を楽しむことが一番大事です。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




前田道場の卒業生が今月末にオープン

先月で、前田道場で修行した方が

7月の末にお店をオープンする。

場所は阪急神戸線の神崎川駅近くの三津屋商店街です。

ほんまに楽しみやな。

そやけど、気を引き締めていかなあかん。

これからが勝負や。

ということで、今日は初めてそのお店を見に行く。

昨日から、自分のお店で焼きの練習をしてるはず。

そして今日は、その焼き鳥の味を確認しにいってくる。

これから、オープンまでは自分一人で反復練習すること。

これが一番大事や。

あともう少し、しっかりサポートせんとあかん。

ええお店作るで。

 



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




焼き鳥学校 前田道場で修行

焼き鳥屋開業したいなら前田道場で修行

脱サラから焼き鳥屋をやりたいという人のために

焼き鳥学校 前田道場を運営しています。

焼き鳥屋を通じて、飲食店の楽しさや、しんどさを実感してほしい。

これから商売しようと思うけどなかなか難しい世の中になってきました。

潰れていくお店も多くあります。そして、開店するお店もあります。

開業してもそう簡単には成功はしないのが実情です。

しかし、僕は飲食店の面白さや、楽しさを実際に味わってほしいのです。

食を通じて、人に笑顔を作り人の心を癒し、人を幸せな気持ちに

させるようなお店作りが出来れば最高だと思っています。

おもに、脱サラからご夫婦で焼き鳥屋をしたいというかたのみ教えています。

事情を聞いて、例外もありますが。焼き鳥屋を、真剣にやりたい人、
これからの人生を焼き鳥にかけたいそんな人だけを教えたいのです。

焼き鳥屋をやる夢を現実のものにしましょう。

僕はとことんできるまで教えますし、お付き合いしていきますよ

どんな学校にしたいのか?

脱サラのかたでも頑張れば焼鳥屋で成功できるんです。

やり方がわからなくて困っている方も多いことだと思います。

身近に経験者がいるなら、協力してもらえばいいでしょうし

お金に余裕があるなら、大手の経営コンサルタントに頼めばいいと思います。

しかし、脱サラから大手のコンサルタントにかける資金なんてなかなかあるもんじゃないと思うのです。

だからそんな方のために真剣にお教えしたいと思っているのです。

そして、脱サラから焼鳥屋さんに転身して喜びを感じてほしいのです。

そして、皆様に感謝されるような学校にしたいと考えています。


 

 

 



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




お店(飲食店)には、良い気が必要や。

というものは非常に大事や。

どこにでも気というのは、存在する。

そこに悪い気があれば、お店のお客さんは感じ取ってしまう。

そして、お客さんは「悪い気」が充満しているお店には来なくなる。

良い気のお店に行きたくなるもんや。

従業員同士が、あまり仲が良くないお店などは

雰囲気の悪さをすごく感じませんか?

お店の店主は早い段階で、その気というものを

感じていないと、大変なことになりますよ。

自分のお店が良い気が流れているのか、悪い気が流れているのかを

お店の店主や、店長がしっかり感じ取り、改善を図らないといけませんよ。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




焼き鳥の焼き方 第2弾!

かしわのももの焼き方

まことやでは、モモ串は50グラムの大きさです。

焼くときは、串を打つときに、できる限り

皮の部分を残して刺しています。

焼くときは、最初に皮の部分から焼く。

皮がカリッとしてきたら、身の方を焼いて下さい。

中火くらいのところで、じっくり焼くのがコツです。

たまに、火のないところに置いて余熱で火を通すと

ジューシーになります。

余熱である程度仕上たら、弱火のところで仕上げるのがうまい。

まことやでは人気の串焼きです。

ねぎま串の焼き方

ねぎまは、鶏のももと白ネギを刺したものです。

白ネギは、太くてしっかりしたものを使いましょう。

鶏の身と、白ネギの大きさのバランスが悪いと

鶏と白ネギの仕上がり具合が変わるので

鶏の身の大きさに合わせて白ネギは太くてしっかりしたものを

選ぶことが大事です。

これもまずは、皮の部分から焼き身の部分に移行する。

白ネギは、中まで柔らかく仕上げることが大事です。

白ネギの中が仕上がっていないと、辛くて食べれない。

鶏を焼きすぎてもいけないし、白ネギが焼けていなくてもいけない

なかなか難しいので気をつけて焼くことです。

鶏のハラミの焼き方

ハラミとは鶏の脇腹あたりにある部分です。

串打ちする時に、あまりギュッと締めずに

少し緩い目に刺していきます。

ハラミは、焼きすぎると紙を食べているような感じになるので

強火でサッと表面を固めたら、後は弱火でじっくり火を通すこと。

そうすればプリプリの食感に仕上がります。

しり皮の焼き方

しり皮とは、名前の通りお尻あたりの皮です。

少し分厚くてプリプリしています。

これも首皮のように、弱火のところでじっくり焼いていきます。

表面がカリカリになって、中がプリプリに焼き上がればOKです。

脂が多いので、脂をじっくり落としながら焼いて下さい。

カッパなんコツの焼き方

カッパなんこつは、やげんなんこととも言います。

これは、身が多くついているもの使うと美味しいですよ。

カッパなんこつは、中火くらいのところでじっくり焼くのがうまいです。

身が少ないものは、骨がきつね色くらいになるまでじっくり焼く。

身がたくさんついているものは、焼きすぎると身がパサパサに

なるので、あまり焼きすぎてはいけない。

基本的に塩焼きで焼きます。

まことやでは、塩に少々ブラックペッパーを振ります。

ひざなんこつの焼き方

ひざなんこつも中火くらいのところでじっくりと焼きます。

焼きが浅いと、固すぎて食べれないのできつね色になるまで

じっくり焼いていきます。

これも基本的に塩焼きがうまいですね。

 

ささみの焼き方

まことやでは、ささみを色々トッピングで食べます。

ささみは焼きすぎるとパサパサになってしまいます。

そうかといってレアすぎても、気持ち悪いという人もいます。

最初は強火でイッキに焼き上げていきます。

そこから、火のないところでじっくり寝かせて

再度、中火のところで温めれば、中まで火が入り

ふっくらと、仕上がります。

その上に色々とトッピングします。

焼き鳥の焼き方、参考になりましたでしょうか?

他、聞きたいことがあれば、ブログにコメントして下さい。

 



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)