焼き鳥(飲食店)の安売りは禁物!適性な値段を知ろう。

飲食店経営していると、お店が暇になると色々考えてしまう。

そんな中で店主が一番先に考えるのは、商品の値段です。

自分のお店は高いのではないか?

よそのチェーン店は、かなり安いからみんなはそっちに行くので

自分のお店も安くしよう。

なんて思ってしまう店主が多くいると思います。

今では高槻でも、均一のお店も多くあり、時間無制限で飲み放題なんていう

お店も多くある。

個人店がそんなことで勝負していたらお店は潰れてしまいますよ。

商売は、仕入れに対して適性な値段をもらわないとあきません。

仕入れたものを、そのまま売るわけではないのです。

お店側が、なんらかの手を加えてお客さんに提供するのです。

その中には、手間もかかっているし、技術も必要や。

そして、焼き鳥屋なら炭代もかかる。

煮物するにも、ガス代もかかる。

いろいろなコストがかかっているんです。

儲けるために、多大な料金をもらおうなんて考えなくてもいい。

ただ、その商品に見合った値段を付けるべきや。

これから、お店を開業しようという人は、値付けが難しいことでしょう。

値段というのは、仕入れから算出してしまうと面白くないのである。

原価率がすべて30%ばかりの商品では、お客さん的も楽しくないメニューになる。

値段のつけ方として、店主がいくらで売りたいかを考える方が先やな。

その値段にするために、どないしたらええのかを考えることや。

ここで、基本的な値段のつけ方を紹介します。

まず、自分のお店の客単価は、どれくらしたいのか考えて下さい。

例として、あなたが客単価3,000円のお店にしたいと考えたとしましょう。

それなら、どんな風な値段のつけ方をすればいいのか?

まずは串物から値段を付けていきましょう。

客単価3,000円の場合は、3,000円÷20と計算します。

すると、あなたのお店の串の中心価格帯がきまります。

中心価格帯は1本150円ということになります。

ここで、すべて一串150円にしろというわけではない。

中心価格帯が150円になればいい。

中心価格帯といえば、お客さんがパッと見て認識できる価格帯のこと。

150円という串物が多いと感じればお客さんは、

「このお店はだいたい1人3,000円くらいかな?」と考える。

一品料理の場合は、3,000円÷6となり、500円くらいが中心価格帯になる。

こうやって、メニュー一つ一つの値段をつけて自分が考えている客単価に近くすることです。

その中に原価率が50%くらいのお得感のあるメニューや原価率の低いメニューなどを組み合わせていくとお客さんから見ても楽しいメニューになります。

激安の衝動買いメニューなどもいれて、注文を促すことも大事ですよ。

このように、値段を付けていき儲けをだしていきましょう。

 

飲食店の誹謗中傷してお店を閉店に追い込んだ市議…

今日、とくだねで見たニュース

SNSなどで、飲食店の誹謗中傷した市議の話が非常に腹が立つ。

誹謗中傷された飲食店は、お客さんが半減して

閉店へと追い込まれてしまった。

この市議は30万円の罰金らしいが、軽いな。

市議の立場、それは市民の味方でなければあかんはずやのに

市民を苦しめて人生まで狂わせてしまった。

同じ飲食店をしている自分としては、ほんまに腹が立ちくやしいな。

こんな軽はずみなことはやめてくれ。

そう思います。

 

 

焼き鳥の串を2000本串打ちして売るお店

この前ユーチューブの動画で見ていた焼き鳥屋さん

もう一度探して見ようかと思ったのですが

なかなか動画が見つかりませんので動画紹介は出来ませんが、

この焼き鳥屋さんは、たしか…お持ち帰りのお店だったよう思います。

このお店の大将は、1日2000本を絶対に売ると決めているらしい。

2000本串打ちを毎日1人でやり、焼き、そして売る。

すべて1人でやっている人がいる。

すごい!と思いましたね。

2000本1人で串打ちしようと思ったら、ほんまに大変やで。

串打ちの様子を見てみると、めちゃめちゃ速いんです。

凄い人がおるもんやと驚きました!

皆さんも、一度ユーチューブで探してみて下さい。

僕も、たまたま見た動画やったので屋号は覚えていない。

探してみたけど、残念ながらなかなか見つからない……

俺も、また探してみよ

 

繁盛店について、考えてしまう。

昨日は夫婦で、北海料理のお店に行った。

先週の7日は結婚記念日だったので1週間遅れで食事に行った。

広いお店でしたが、僕ら2人と、4人の家族だけだった。

ピーク時なのに厳しいですね。

こんなお店をみると、何故こうなっているのか?

自分だったら、どうやって繁盛店にしていくのか考えてしまう。

たまたま暇だったのかも知れないが、それにしてもお客さんが少なすぎると感じた。

僕が思うには、このお店をネットで調べてみると、北海食材を使用しているし

かにやエビという高級な食材も使っている。

これは高級なお店なんだろうと思っていた。

しかし、行ってみると普通の居酒屋という感じだった。

調理の職人さんという感じの人もいないので、「んっ」と思いました。

高級だと思ったのが、普通だったという「悪いギャップ」がある。

料理も、普通の料理が多くて、こだわりが見られない。

かにの刺身は、やはり冷凍なので水っぽく感じられた。

僕が思うには、このお店が繁盛するために、まずはメニューを減らして

もう少し、食材にこだわりを持つことが大切だと感じた。

特に、カニやエビや刺身類には、とことんこだわることだ。

思い切って、もっと高級路線に移行する方がもっと良くなると感じた。

僕は仕事上、こうやってお店を見ていくことが自分の感覚を磨くことやと思うのでいつも、こうやって評価するようにしている。

悪いところばかり、見るのではなくて「こうすればよくなる」という部分を

徹底的に観察している。

感謝という言葉を大切に

僕は、この時期になると思いだす。
自分がガンになった頃を…
そう、16年前の11月15日に福島にお店をオープンする予定やった。
しかし、ガンのために11月に入院してお店をあきらめた。
あの時は悔しかった。
そやけど、周りの人のおかげで、こうやって1軒のお店を運営できている。
だから、みんなに感謝することを忘れない。
予約されたお客さんのメーッセージカードにも必ず「感謝」という言葉を書いている。
感謝を忘れてもうたら、もう終わりやな、と思って生きている。
みなさんも感謝という言葉忘れずに人生を歩いていきましょう。

繁盛店は、テクニックだけでは作れない。

暇なお店を脱却して、自分のお店を繁盛させたい。
たくさんの方が、そう思っていることでしょう。
繁盛させるには、いろんなテクニック?を駆使してやる人がいます。
コンサルタントの方たちも、いろんなテクニックを教えてくれたりします。
しかし、テクニックなんていらない。
小手先のテクニックだけでは、お店は繁盛しないんです。
基本を忠実に、真面目にコツコツやっているお店こそが
これから先も繁盛し続けて長く生き残ることでしょうね。
なかなかお店が繁盛しないと困っているなら自分のお店を客観的に見て
悪い部分は改善し、いい部分を伸ばすことです。
そして、日々真面目にコツコツやることしかないのです。
前田塾卒業生の方々も、これからも真面目にコツコツ頑張って下さい。

前田塾で修行した人のお店のお客さんが来てくれた。

まいど鶏仙人です。
最近、頭の横と後ろの髪の毛が伸びてくるのが速過ぎるんです。
そやから、2日に1回は家で自分でバリカンで散髪しています。
散髪するのがめんどくさい
そんなことは、どうでいいですよね。すんません。
では、本題に入りましょうか。
先日、前田塾で修行し、開業した人のお店のお客さんが「まことや」に来てくれた。
それは、三田のほうで開業した「さとり」というお店です。
わざわざ、そんな遠くから来てくれて嬉しいことです。
来てくれたことも嬉しかったけど、それよりも「さとり」のお店ができたルーツを
知りたいと、まことやにきてくれたのが嬉しい。
ということは、そのお客さんは「さとり」というお店のファンなんやなと感じた。
「さとり」が好きだから、その店主が修行したお店に行ってみたかったやな。
僕としては、本当に嬉しい。僕の元で修行した人のお店が順調にうまくいっているのが
ほんまに嬉しいんです。
そのお客さんは、お土産にうちのオリジナル焼酎を買って帰りはりました。
これからも、もっともっと、たくさんの人が修行に来てお店をオープンして
成功してくれたら、嬉しいです。

“前田塾で修行した人のお店のお客さんが来てくれた。” の続きを読む

小さな喜びを積み重ねること。

小さな喜びを積み重ねることとは
自分だけの喜びを積み重ねることやないんです。
お客さんの喜びを積み重ねるいうことや。
毎日、毎日、お客さんの喜ぶことを考えて
実行する。
この繰り返しや
ほんで、お客さんが喜んでくれたら
 自分のモチベ―ションも上がる。
モチベーションがあがれば、いつも
楽しく笑顔でおれるんです。
自分が笑顔なら、お客さんも笑顔に
なってくれる。
 これがいい循環になるんですよ。
自分のファンを作りたいなら笑顔で
おることやと思う。
 笑顔は人を幸せにするもの。
そない思いませんか?
飲食店をやっている皆さん
 笑顔です。笑顔
 商売=笑売やで
楽しくやりましょう。

焼き鳥をおいしく焼くにはどうすればいい。

焼き鳥を焼くというのは、ほんまに単純なことのように見えます。
そやけど、おいしい焼き鳥屋と、おいしくない焼き鳥屋と
いろいろとあります。
メールなどでも、「焼き鳥はどうやればおいしく焼けるんですか?」
という質問が多くきます。
しかし、この質問にお答えするのは、ほんまに難しい。
 焼き鳥を焼くためには、まずは基礎を学ぶことが大切です。
そして、串の刺し方によってもジューシー感が出たりもしますので
しっかりと刺し方も勉強しないといけません。
身は少々大きい方が、食べたときにおいしく仕上がりますし
 ジューシーさもでます。
焼き加減も、それぞれ部位により異なりますので
部位の特徴を知ることも大切。
それらをすべて勉強したら、自分が焼いた焼き鳥を
どんどん食べてみることです。
そして、塩加減や焼き加減を確認することです。
僕は、今でも毎日営業前に自分の焼き鳥の塩加減や
焼き加減を確認するために、焼き鳥を食べます。
あとは、お客様一人一人に愛情をもって
焼き続けることです。
お客さんは、自分の家族、そして恋人という気持ちで
接して、そして料理を作ることです。
その心があれば、必ずおいしい焼き鳥、料理が
できるはずです。
自己満足の料理や、うぬぼれた気持ちでは
お客さんに感動を与えられない
僕は、そう思います。

食べ歩く重要性

食べ歩きがお店にもたらすもの。
飲食業をしている人は、
食べ歩きは、非常に大切です。
食べ歩きして、そのお店の
いいところをマネする。

これ大事なことです。
飲食店をやっている人は
お店に集中するあまり
よそのお店には、行けないことが
多いです。
しかし、月に1回でも繁盛店と
言われているお店を
視察してほしいですね。
絶対に繁盛店には、何かヒントが
隠されています。
よほど、お金がないと
そんなに食べ歩きなんて
できないものです。
そこを上手くやりくりして
いろんなお店を見てみて下さい。
そうすることで、気付きがあり
自分のお店も変わっていきます。
経営者のみなさんは
どんどん食べ歩きしましょう。