頭を使って経営していきましょう。

頭を使って経営することは非常に大事やな。

何歳になっても、若いものには負けない体力などはあるはずもない。

そやから、経営は頭を使っていかないと先がないのである。

経営者なら、常に頭を働かせていないとこれからの時代は生き残れないでしょう

これから、1年後、3年後、5年後の飲食業界はどうなってるやろか?

日々、頭を働かせながら過ごしている。

飲食店経営者のあなたたちも、今が良ければいいという考え方はやめて将来を考えて行動しましょう。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




ホワイト企業を目指して…

前にもホワイト企業について書いたことがあるが、飲食店というのはどうしてもブラックになってしまう。

仕込みから、営業終了まで合わせると10時間以上働くのは当たり前の世界や。

経営者の場合は10時間であろうが20時間であろうが関係ないのですが、それでもやはり長時間労働は、体に負担がかかる。

そやから、まことやも営業時間を短くしてきました。

営業時間を短くすると、やはり売り上げが下がるんではないかと心配になる。

しかし、自分の健康という事を考えれば短時間労働はしかたがない。

これからの時代、今のままでは飲食店をやろうという人はいなくなる。

ただでさえ焼き鳥屋というのは串打ちなどの仕込みで大変である。

なんとかホワイト企業の仕組みを作れないものかと、現在考えて行動している

京都の100食屋というお店は、100食限定でランチ営業のみで利益を上げているお店だ。

スタッフはお昼過ぎには帰れて自分の時間も作れて楽しく営業している。

そんな仕組みやスタイルでお店の運営が出来れば非常にいいことやな

こんなお店の様に、焼き鳥屋でもホワイト企業にしたい。その気持ちを持って日々の営業をやっていきたいですね。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




まぐろのように動いていないとあかん。

僕は、常に動いてないとあかんのです。

マグロが回遊するようにジッとしていられない。

例えば、信号待ちするのも嫌で近くに歩道橋があればそちらまで行って駅まで行く。

それの方が早く駅に着くのでそうしている。

信号待ちしている時間が無駄になるので動きます。

※決して信号無視はしませんよ。

他にも色々と、そんな場面が出てきますが、とにかく止まっていることができへんのです。

仕事でもそうです。何かいい考えが浮かんだら直ぐに行動します。その考えが上手くいかなかったら直ぐに次の行動をする。

それを繰り返していたら、いいお店作りが出来るようになります。

とにかく止まらない。「動く動く動く」です。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




経営者脳を作り上げる。

うちのお店は、スタッフはみんなアルバイトで構成されている。

そやからいうて、アルバイトやからこのレベルでいいとは考えていない。

アルバイトの子たちの年齢は19歳~21歳という感じや。

自分の子供よりもさらに若い。

しかし、「アルバイトやからこんなもんでいい」と思っていたら

お店は良くならない。

ある程度の作業はできたとしても、それだけではあかん。

アルバイトの脳から、経営者の脳へと変えていかんとあかん。

お店のスタッフ全員が経営者脳を持てば、ほんまにええ店になるはずや。

これから、ええお店作り、会社作りをしていきたい。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




トイレの中は情報がいっぱいや

まことやでは店のトイレを情報で一杯にしている。

トイレは情報の宝庫や。お客さんの殆どが一度はトイレに行くので情報を伝えたかったらトイレが一番ええな。

例えばこんな情報

その他、お店のトイレには自分のプロフィールなどを手書きして書いている。それをお客さんが見ることで話題ができる。

無口な自分としては、お客さんからお話してくれるとしゃべりやすくなる。

自分の事を知ってもらえて、話題も広がりいいですね。

他にも、メニューの事とか販売したい商品なんかもあれば宣伝もできる。

あなたも、お店で伝えたいことは、どんどんトイレを使いましょう。お客さんとのつながりができやすくなりますよ。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




消費税を無駄使いする政治家に呆れます。

今日初めて知ったんやけど、消費税を上げておいて政治家は「桜の会」なんていうのを開催して税金の無駄使いをしているのである。

今日「とくだね」で、橋本さんが出てきて桜の会はやめるべきだと言っていた。

野党は、安倍さんをひずり降ろそうと、躍起になって突っ込むが安倍さんは上手くはぐらかして話にはならない。

こんなことをやっていては、日本は良くならんのとちゃうか?と思うな

商売人は、消費税のせいで影響があり苦しいお店もある。

政治家は、この消費税を日本がよくなるために良い使い方をしてほしいものです。

日本の政治のレベルの低さには、なんか悲しくなりますね。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




高槻で食べ歩きしています。

まことやでは、日曜日に3000円コース料理のみを提供していますので、コースが終わり次第閉店している。

時には、早く閉店するときもありますので、そんな時間を使い高槻のお店を訪問しています。

月に1回そのような時間を作るようにしている。

ずっとお店の中にいると、外の事が全然見えなくなるので時間を作って食べ歩きをするように心がけています。

お店の店主や店長は、お店の営業に追われて何も考えられなくなってしまい情報にも疎くなってしまう。

どんな世界に居ても情報というのは非常に大事になってくる。

僕の場合は、ネットでいち早く情報を取り入れてお店で実践したりしています。情報というのは武器になります。

常に未来を考えて動くことを大切にしているのであります。

少し話がそれましたが、店主の方々は食べ歩きをして他のお店のいい所を見て、できることは自分のお店に取りいれてみましょう

必ず刺激になり何かが変わってきますよ。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




楽しく働くことが一番大事やな

僕の周りにも「仕事が嫌い」「行きたくない」「やめたい」なんていう人がいる。これでは人生は楽しくない。

人生は楽しまないといけない。仕事が面白くないならやめればいい。

俺はそう思う。今の仕事を辞めて、何か自分の好きなことを見つけたらええやないかと思うな。

収入は、たいしてなくても楽しくて心が豊かになるような生活できたら最高やと思う。

毎日の仕事が楽しくないなんて、これからの人生すべてが楽しくないと感じる

今の仕事が楽しくないなら、自分が楽しめることを見つけて歩み直せばええやないか。

そう考えた人が、僕の元に修行に来ることが多い。

そして、自分の好きなことで収入を得るのである。飲食店は長時間労働で確かにしんどいけど、楽しいのである。

自分は毎日楽しんでお店に行く。今日はどんなお客さんが来るのかな?

今日は、あの人来てくれるかな?なんて考えるのが楽しみやな。

今日は、天草大王が入荷する日なのでお客さんが喜んでくれるのが楽しみや

新しい、料理を考えるのが楽しかったり、それを食べてもらって「うまい」なんていわれると、さらに楽しくなるのである。

毎日、毎日ワクワクしながらお店に行くのである。

皆さんも、こんな風に楽しんで人生をやってみませんか?毎日楽しいですよ



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




セミナーをやりました!

今日は、会場を借りてセミナーをやりました。

写真に写っているのは僕ではなく主催者の方です。

今日は、僕の焼き鳥開業アドバイザーとしてのセミナーをやりました。

他の方のセミナーも聞きました。

集まった方は、異業種の社長です。同じ飲食店ではないので勉強になりますね。

ちなみに僕のセミナーは、まだまだ不慣れなためにまとまりに欠けました。

今度こそはしっかりとセミナー講師をやりたいです。こればっかりは慣れなんでしょうが、しゃべるのって難しいですね。

次回こそはがんばるで



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)




飲食店のこれからの行方…

安売りの飲食店が乱立する時代に、外食産業はどうなるのか?

こんな風に居酒屋で宴会する日がなくなってしまうのか?

今や、安いお惣菜や焼き鳥などコンビニで食べれる時代である。

安くて食べれるなら、お店に行くよりもコンビニやスーパーで十分じゃないか

そう思われる人も少なくないでしょう。

大手チェーン店の安売り戦争は長く続いていますが、それでいいのか?

考えてしまいます。

個人店が安売りで勝負したら、すぐにお店は潰れてしまうことでしょう。

個人店だけではなくても、大手チェーン店も安売りではコンビニに負けてしまうことでしょう。今後の大手チェーン店の行方は、まっ暗闇である。

だから、こんなときこそ個人店がしっかりと個性のあるお店作りをしないといけません。

値段は高くても、料理の個性、接客にも個性が必要です。

料理が美味しいだけでは、お店は繁盛はしません。自分の個性を生かしスタッフの個性を生かした楽しいお店作りができれば安売り戦争に巻き込まれることなく生き残れることでしょう。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)
詳しい内容はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)