前田塾で修行しなくてもインターネットがあれば開業できる?

今や、この世の中にインターネットは欠かせないものとなった。

インターネットがあれば、なんでも知ることが出来る。

情報の宝庫である。

わからない言葉があれば、直ぐに調べることができる。

焼き鳥屋開業するにも、インターネットで調べて

YouTubeを見れば串打ちや、焼き方までわかるのである。

焼き鳥のたれの作り方やや、つくねの作り方に関しても調べればわかる。

便利な世の中になりましたね。

ということは、僕のような焼き鳥開業の技術アドバイザーなんて

もういらないのかもしれない。

しかし、僕の元で習いたいという人がいるのもたしかです。

僕なんて、大手のコンサルタント会社に比べれば小さなもので

ネットで検索しても、なかなか上位には出てこないでしょうね。

しかし、そんな小さな自分でも、焼き鳥開業したいという人に

情熱をもって教えています。

そりゃ修行の3か月、お金は当然かかります。

それでも、僕の事を信頼して師匠とか先生と呼んでくれる人もいます。

それは、大手には負けないくらい情熱をもって教えているからなんです。

世界から見れば、まだまだ小さいものかもわからない。

しかし、僕の情熱はいずれ世界に広がると信じて行動している。

常に世界に目を向けて焼き鳥業界で生きていく。

なんて大きなこと言うてたら、また嫁さんから「また大きい事言うて……」

なんて言われてしまうかもしれないけど、僕はいつも真剣である。

真剣さ、情熱は誰にも負けない。

その情熱で、ここまで来たのである。



★「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中


焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ




馬刺し欲しい人はこちらへ


飲食店経営者はFLコストをしっかり管理しましょう。

飲食店経営者は、食材の高騰や人件費の高騰

そして、10月からは消費税10%と大変な時代になってきた。

当然、値上げをしいられることでしょう。

値上しないとお店は潰れます。

そして、FLコストの管理が非常に重要になってくる。

FLコストとは、食べ物原価率と人件費の比率の事。

食べ物の原価率は基本的に30%と言われている。

そして人件費は30%で収めることが必要だ。

食材で、25%で収められるのなら食材比率は35%になる。

どちらも、あまり抑えすぎるとお客さんの満足度が少なくなる。

食材の率を下げようと商品の質を落とせば味が悪くなり

量を減らせば、視覚が悪くなりお客さんの満足度が減る。

人件費もそうであるが、人を減らせばサービスが悪くなる。

しかし、合計60%で抑えないといけない。

FLコストが60%を超えると赤字になるのです。

これからの時代は、大変な時代になってくる。

これから飲食店は、さらに潰れるお店が増えて来るやろうな。

そやから、慎重に経営を進めていかないと危ない。

守りながら攻めることが大事やな。

目標を大きく持ちすぎて、経費を使い過ぎるのは賢明ではない。

これだけ売るために、これだけの人件費をかけようと

1日の営業で、たくさんアルバイトの人を入れてしまうと

赤字になり、明日はこれだけお客さんが来そうだから

たくさん仕入れておこうと思うと失敗してしまう。

やはり、なんでも適正が一番大事なんです。

飲食店経営者ならFLコストしっかり管理して下さいね。



★「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中


焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ




馬刺し欲しい人はこちらへ


島根の「とり優」が昨日オープン

やっとの思いで島根県の「とり優」がオープンした。

嬉しいですね。

たったの5日間の修業で焼き鳥屋を開業した。

その気持ちの強さは凄いものです。

初日は、バタバタながらいい感じでやれたようです。

最初は体も精神も、経営もしんどいかもしれない。

そやけど、焦る必要はない。

日はまだまだ長い。

夫婦2人で力を合わせて焼き鳥屋をやる。

理想的な形ですね。

頑張ってや



★「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中


焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ




馬刺し欲しい人はこちらへ


島根の「とり優」が12日にオープン

僕の元で5日間だけ修行に来はった方が今月12日にオープンする。

いろいろあって、オープンが遅れたが、なんとかオープンする。

緊張していることでしょうね。

遠くにいる僕も緊張している。

そやけど、嬉しいな。

こうやって旅立っていき夢である焼き鳥屋を開業できる。

素晴らしい事やな。

成功祈っています。



★「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中


焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ




馬刺し欲しい人はこちらへ


日曜日限定の3000円コースが入った。

今日は、3000円コースの予約が入っている。

今日は、どんな料理を作ろうかなぁ

昨日の晩から、料理を考えるのが楽しみや。

前菜の内容、サラダの内容は先週と変えて

鶏炙りはいつも通りで

串焼きは少しアレンジして提供しよう。

最後は、鶏の手まりおにぎりとプリン。

現在、前菜とサラダの内容を考え中です。

今日も、お客さんに喜んで頂くために

頑張るど~~~~



★「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中


焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ




馬刺し欲しい人はこちらへ


6月2日(日)は高槻バルやったんやな…

日曜日は高槻バルやけど、まことやは参加していない。

日曜日は、いつも通り3000円コースのみで営業。

バルやから、高槻には人が多く集まるが

果たして、まことやはどうなるのか?

常連さんが来てくれることを期待して頑張ろう。



★「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中


焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ




馬刺し欲しい人はこちらへ


焼き師である前に、焼き鳥技術アドバイザーであることを忘れない。

自分は、今でも焼き師として焼き場に立っているが

実際に、焼き鳥の技術を教えて焼き鳥屋開業

結び付けるアドバイザーであることを忘れない。

これから先は、焼き鳥開業の依頼が多くあると思う。

もっと、もっと、世界の人達が焼き鳥に興味を持ち

焼き鳥屋をやりたいという人が現れることを期待している。

日本全国、そして世界にも俺のお弟子さんが

多く焼き鳥屋を開業する。

そんな夢を抱きながら、現実へと結びつけていく。

これこそが、俺の使命やと考える。



★「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中


焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ




馬刺し欲しい人はこちらへ


飲食店経営者は、行動あるのみ

飲食店をやっていると、いろいろな困難が襲ってくる。

食材の値上がり、人件費の値上がり、消費税アップ、人手不足と

どんどんマイナスの波がやってくるんです。

そやけど、すべて何かプラスにする方法を考えんとあかん。

そのために、時代に対応するために勉強して行動せんとあかん。

考えたらすぐに行動や。

行動こそが自分を救うんや。

間違った行動をしてしまうこともあるが、間違ったと思ったら

修正したらええ。

とにかく行動が状況を変えることは多いのである。

行動せんと、迷ってたら何にも始まらん。

毎日毎日、行動あるのみや。



★「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中


焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ




馬刺し欲しい人はこちらへ


焼き鳥修行した人みんなに成功してほしい。

僕の元で焼き鳥修行した人には全員に成功してほしい。

そして、長く焼き鳥屋を続けてほしい。

継続していくためには、やはり小さなお店がいい。

大きなお店を出店してしまうと、人件費や経費が高くなる。

人手不足の時代の今、家族で経営できる範囲のお店や

1人でも出来るお店を出店することや。

僕が販売している「失敗しにくい飲食店開業法」にも

書いているが、8坪~10坪のお店を推奨している。

しかし最近では、さらに小さな3坪~5坪のお店も推奨している。

8席くらいのお店が一番いいでしょうね。

そして、コの字のカウンターはやりやすい。

僕が、焼き鳥屋に転職した時に、コの字のカウンターのお店を

経験したことがある。

これは、非常にやりやすかったですね。

少人数でも営業できるし、お客さん全員に目が行き届く。

そのお店は駅の地下にあったので、昼から開店して

1日中お客さんが来る。

いったい何回転したのかわからないくらいやった。

2人くらいでできる大きさのお店なら、継続しやすい。

とにかく、とことん焼き鳥屋をやっていてほしい。

みんな僕の、お弟子さんなんやから。

頑張ってほしいですね。

ただ、お店を広げたいという人の場合は

やはり、カウンターだけのお店ではダメですね。

生活費以外の収入も残しておかないといけないし

長く続けてもらえる人財を確保しないといけない。

そのために、労働条件を整えておかないと

いい人財もやめてしまうことがある。

これからは、いかに損せずに安定した経営ができるかが

一番大事になってくる。

2件目、3件目とお店が増えれば増えるほど経営は

厳しくなってきて、経営者は自分の首を絞めてしまう。

今は、1件の店をしっかり経営することが大事です。

とにかく、僕のお弟子さんのお店が

ずっとずっと残っていてくれることが自分には

一番嬉しいことや。

やめずに、頑張ること。

難しい事かもしれんけど、頑張って下さい。



★「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中


焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ




馬刺し欲しい人はこちらへ


お店の病気の原因を知る。

僕の仕事は、まことやの経営を含めて

焼き鳥開業技術アドバイザーをやっている。

特に40歳、50歳、60歳の人を中心に活動している。

焼き鳥の串の打ち方や、焼き方

その他、メニュー作りから人気商品のレシピ

そして繁盛店創りのなるためのプロデュースもしている。

そして、暇なお店を見て改善して利益の出るお店にする

コンサルタント活動もしている。

お店の売り上げが上がらない…利益が上がらない

それは、お店が病気にかかっているということや。

そのお店を見ただけで、お店の病気を発見しないといけないのである。

僕は、令和元年に盲腸になった。

その同じ症状で10年間くらい前から苦しんでいた。

にも関わらず病院に行って診察、検査しても原因がわからないままやった。

今年の正月にも、同じ症状で病院に行ったが原因がわからない

そして、10年くらい経ってやっと盲腸がわかった。

医者なら、もっと原因を追究してやるべきやと思うな。

僕の仕事も、飲食店のお医者さんみたいなもので

原因を、すぐに把握して追求して改善していくのが仕事である

僕は、飲食店のお医者さんなんですよね。

お店を見て病気を治すんです。

飲食店開業から、コンサルタント業務までやっている。

お店というのは、開店と同時に劣化が始まるんです。

劣化と言っても、ただ物が劣化していいくという事ではない。

物も、人も何もかもの劣化が始まるのである。

それをわかっていないと、お店は悪い方向に向いていってしまう。

お店の経営者さんは、日々それを意識しながら経営しないとあかんのですよ。

お店は毎日劣化していく事を意識して、日々改善していく事が大事なのである。

そのことを、理解して1日の営業に取り組みましょう。



★「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中


焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ




馬刺し欲しい人はこちらへ