がんになってから、現在までを振り返る

人間は生きていても、いつ何が起こるかわからない怖さがある。

僕が経験したガンというのは、非情にも登り調子だった時の自分を襲った。

40歳というパワーあふれるときに、襲ってきたのであります。

あれで人生が狂ったのは確かやけど、それも運命やと受け止めて生きてきた。

そやから、もう何も怖いもんはないんですわ。

今回、書いた「がんから社会復帰!その軌跡!」という電子書籍の中に

その思いというのをびっしり書いている。

この本は、紙の本でも6月18日からアマゾンから販売されます。

その本の中でも、この時の状況が書かれています。

40歳の時に、独立してお店を開店しようとした半月前にガンの宣告を受けた

不運な男

しかし、幸運にも命は助かった。

病気から学んだことは多いし自分を変えてくれ強くしてくれた。

そして、優しい人にしてくれた。

そして、思うことをすぐに行動に移せるようにしてくれた。

幸運にも助かった命を大事にして生きていきたい。

今は、そんな気持ちが強い。

そやから、1日、1時間、1分、1秒がほんまに大切や。

今日も、大切な時間を楽しく面白く、有意義に過ごしていきたいものですね。

 

 

電子書籍が、あと3か月くらいで完成しそうや

今、書いている電子書籍が、あと3か月くらいで完成しそうや。

電子書籍の場合は、1万文字くらいがちょうどいいと聞いたので

1万文字というのを目標に書いている。

現在は5200文字くらい書けている。

一応1万文字を超えて、内容を見直して完成するというとこかな。

そんなふうに本を書いていると、がんで苦しんでいたころ

がんが治って社会復帰できなかったときのことを思いだす。

あの時は、こんな考え方をして乗り切ってきたとか

こんな行動を起こしてきたからこそ脱出できたんだ。

など、振り返ると懐かしいなぁ

この電子書籍は、自分みたいに、がんやその他の病気で苦しみ

病気が改善しても社会復帰がなかなかできないと悩んでいる人に

読んでもらいたいという思いで書いています。

完成したら、買って下さいね。

販売はアマゾンのキンドルです。

値段は、まだ決めていません…

では、3か月後の販売を楽しみにして下さいね。

 

アマゾンのキンドルで電子書籍を発売する。

今年の目標は、アマゾンのキンドルで本を書き出版すること。

その内容は、がんから立ち直り今に至るまでの過程を書く。

ただ、独りよがりな感じにならないように、がんになったときの考え方や

がんから生還して社会復帰するための考え方や行動の仕方を

がんから立ち直れずにいる人達に配信しようと考えました。

このブログも、元は言えば

そんな人のために勇気をもってもらおうと立ち上げたブログなんです。

ただ自分の苦労話のような本になってしまってはいけないので

悩んでいる人のためになるように、悩んでいる人が自分の本を読むことで

生きる望みをつなぎ、社会で成功してもらいたいという思いで書いています。

この本では、実際に自分がどんな考え方で、どう行動したかを

具体例をあげながら書いていますので非常に参考になると思います。

本が完成したら、ブログやHPでご紹介しますので買ってみて下さい。