病気になった時にお店をどうする?

お店を1人で運営していると、いつも体調を気にしていないといけない。

これは、当然の事やけど突然の病気に見舞われた時にお店を閉めないといけないという不安がいつもある。

今年の5月には虫垂炎になりお店を10日ほど閉めた。

営業中に倒れて入院し手術したのでお店はほったらかし状態。

体調が悪くても、フラフラのままお店を営業しないとあかん。

この状態をなんとか変えないとあかんと思いながらも、右腕になる人がいないのでどうしようもない……

お店を閉めるという事は、売り上げがなくなるので生活できなくなる。

実際に店舗に入っている経営者の方はいつも、こんな不安を抱えていることでしょうね。

自分のあとを継いでくれるような人がいれば不安は一つ無くなる。

僕も来年には60歳になる。まだまだ若いと思っているけど体は正直やな。

早く、右腕探していい経営者になり、いい会社にしていかなあかんな。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)を販売しています。
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)



メニュー作り・POP作りに最適の筆文字講座


日曜日は完全予約制3000円コースのチラシできました。

まごころ焼き鳥 まことやは日曜日は完全予約制で、お料理3,000円コースのみで営業しています。

そのチラシを作成してみました。

そのお料理内容の例はこんな感じです。

ボールペンで書いているので分かりにくいかもわかりませんがじっくり見て下さい

この内容は基本的な形ですが、毎週少しだけ変えて提供しています。

必ず前日までにご予約お願いします。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)を販売しています。
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)



メニュー作り・POP作りに最適の筆文字講座


村田諒太選手が勝ちましたね。

今日は、お店の定休日でたまたま世界タイトルマッチをやっていて

村田諒太がミドル級の初防衛戦が見れた

相手は若いチャレンジャーでハードパンチャーのバトラー

ガードをしっかり固めて前に前に出る村田選手。

今までの単調な攻撃の村田選手なら勝てていたかどうかわからない。

しかし、今日の村田選手は違ったジャブからの連打がよかった。

アッパーやフックもいいところで打っていました。

最後の右の連打から左フックは綺麗にバトラーのアゴを捉えていた。

そしてKO!これで村田選手は来年は

ビッグネーム相手に戦うことができるかも…

ボクシングっていいですね。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)を販売しています。
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)



メニュー作り・POP作りに最適の筆文字講座


免疫力をつけて風邪を撃退

寒い冬がやってくる。この時期はどうしても風邪をひきやすくなる。

インフルエンザも流行っています。

そこで、今日の朝テレビ番組で風邪をひきやすい人とひかない人の

生活の違いをやっていた。

風邪をひきにくい人は、免疫力が強くなるような生活をしているようですね。

食事は、栄養を考えて規則正しく食べて風呂にはゆっくり湯船に15分つかる

そして、適度な運動をして睡眠をしっかりととる。

風邪をひきやすい人は、これが全然できていないのである。

そして、風邪をひきやすい人は運動も適度ではなくてがっつり筋トレなどをやっている。

筋トレなどで筋肉を鍛えていると、免疫力は筋肉の疲れを取るために

そこに集中するようだ。そして、体は弱り免疫力を弱くするのだ。

そして、いつもセカセカ、イライラしているとストレスがたまる

ストレスも免疫力を弱める原因にもなる。

飲食店をやっていると、ご飯は1日1食であったり、夜も遅くなるので

睡眠不足になったりもする。

毎日の仕込みで、走り回り焦ってしまいバタバタしてしまう。

だから飲食店をやっている人は、病気になりやすい体になる。

それだけに、いつも体には気をつけて生活していかないといけない。

飲食店でお勤めの店長や経営者の方は、しっかりと生活環境を整えて

頑張って下さい。ではでは今年もあと1週間くらいで終ります。

お客様の忘年会も、最終です。

免疫力を高めて頑張っていきましょう。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)を販売しています。
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)



メニュー作り・POP作りに最適の筆文字講座


嫁さんの誕生日

うちの嫁さん、12月13日が誕生日やった。

嫁さんは、30歳代の頃にガンを患い余命宣告までされた。

しかし、奇跡的に治りました。

あれから20年くらい経ったかな?

よく生きてくれていたな。

57回目の誕生日を迎えることができて嬉しくて涙が出そうになる。

今日は、娘や孫たちが妻の誕生日を祝いにきてくれる。

そして娘が作ってくれたケーキがこれです。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)を販売しています。
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)



メニュー作り・POP作りに最適の筆文字講座


頭を使って経営していきましょう。

頭を使って経営することは非常に大事やな。

何歳になっても、若いものには負けない体力などはあるはずもない。

そやから、経営は頭を使っていかないと先がないのである。

経営者なら、常に頭を働かせていないとこれからの時代は生き残れないでしょう

これから、1年後、3年後、5年後の飲食業界はどうなってるやろか?

日々、頭を働かせながら過ごしている。

飲食店経営者のあなたたちも、今が良ければいいという考え方はやめて将来を考えて行動しましょう。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)を販売しています。
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)



メニュー作り・POP作りに最適の筆文字講座


ホワイト企業を目指して…

前にもホワイト企業について書いたことがあるが、飲食店というのはどうしてもブラックになってしまう。

仕込みから、営業終了まで合わせると10時間以上働くのは当たり前の世界や。

経営者の場合は10時間であろうが20時間であろうが関係ないのですが、それでもやはり長時間労働は、体に負担がかかる。

そやから、まことやも営業時間を短くしてきました。

営業時間を短くすると、やはり売り上げが下がるんではないかと心配になる。

しかし、自分の健康という事を考えれば短時間労働はしかたがない。

これからの時代、今のままでは飲食店をやろうという人はいなくなる。

ただでさえ焼き鳥屋というのは串打ちなどの仕込みで大変である。

なんとかホワイト企業の仕組みを作れないものかと、現在考えて行動している

京都の100食屋というお店は、100食限定でランチ営業のみで利益を上げているお店だ。

スタッフはお昼過ぎには帰れて自分の時間も作れて楽しく営業している。

そんな仕組みやスタイルでお店の運営が出来れば非常にいいことやな

こんなお店の様に、焼き鳥屋でもホワイト企業にしたい。その気持ちを持って日々の営業をやっていきたいですね。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)を販売しています。
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)



メニュー作り・POP作りに最適の筆文字講座


まぐろのように動いていないとあかん。

僕は、常に動いてないとあかんのです。

マグロが回遊するようにジッとしていられない。

例えば、信号待ちするのも嫌で近くに歩道橋があればそちらまで行って駅まで行く。

それの方が早く駅に着くのでそうしている。

信号待ちしている時間が無駄になるので動きます。

※決して信号無視はしませんよ。

他にも色々と、そんな場面が出てきますが、とにかく止まっていることができへんのです。

仕事でもそうです。何かいい考えが浮かんだら直ぐに行動します。その考えが上手くいかなかったら直ぐに次の行動をする。

それを繰り返していたら、いいお店作りが出来るようになります。

とにかく止まらない。「動く動く動く」です。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)を販売しています。
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)



メニュー作り・POP作りに最適の筆文字講座


まことやの外の看板変えました。

まことやの看板が汚くなっていたので変えました

シンプルですが、きれいに出来上がっています。

前のは木が腐り見栄えが悪すぎたので、これで安心です。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)を販売しています。
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)



メニュー作り・POP作りに最適の筆文字講座


経営者脳を作り上げる。

うちのお店は、スタッフはみんなアルバイトで構成されている。

そやからいうて、アルバイトやからこのレベルでいいとは考えていない。

アルバイトの子たちの年齢は19歳~21歳という感じや。

自分の子供よりもさらに若い。

しかし、「アルバイトやからこんなもんでいい」と思っていたら

お店は良くならない。

ある程度の作業はできたとしても、それだけではあかん。

アルバイトの脳から、経営者の脳へと変えていかんとあかん。

お店のスタッフ全員が経営者脳を持てば、ほんまにええ店になるはずや。

これから、ええお店作り、会社作りをしていきたい。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)を販売しています。
ご購入はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)



メニュー作り・POP作りに最適の筆文字講座