負けるな!個人店の飲食店経営者

僕は、個人店の経営者を中心にアドバイスをしています。

今のお店を継続していくのは無理と言っている飲食店経営者の方は多いですね。

個人店の経営者の方は、すでに副業している人も多いと聞きます。

それは、現在お店でお酒が提供できないのですから、お店は開けられないですものね。

辛い時代です。コロナは、いつ終わるのかなんて誰もわからない。

コロナは変異し続けて感染力がどんどん強くなっていく。

しかし、諦める前にそのスキマを狙って商売すればいい。

悪い事をやれというのではない。何かあるはずです。

知恵を絞り考えて下さい。成功のカギはやってみることです。

小さく始めて大きく稼ぐがポイントです。

飲食店がピンチ!

飲食店がピンチの状態がいつまで続くのか?本当に大変ですね。

だけど生き抜いていくために、知恵をしぼりながら経営していかなければいけない。

常に今のままでいいのか…このままで…いつも考えている。

経営者であるあなた、今後どう生きていけばいいのか考えていますか?

政府もいつまでも協力金は出さないと思います。

そうなった時どうすればいいのでしょう。

そんな不安を持ちながらも、何かを考えて行動するしかないのです。

まだまだ生き残る道はあります。

個人店を経営している方は、今が勝負の時です。

生き抜いていきましょう。

僕も、あなたのために出来ることをブログでもお話していきます。

あなたなら出来る。

今日も頑張りましょう。勉強勉強です。行動行動です 😉  

本当の集客とは……

本当の集客というのは、どのような集客なのか?

経営者であるあなたは集客といえばどのような事を思い浮かべますか?

普通ならお店にどんどんお客様を入店させるというのが集客です。

しかし、考えてみて下さい。

安売りや値引きだけで集めたお客様は、正規の値段に戻ればまったく来なくなるのです。

これも戦略的にやればいいのですが、ただ人を集めるだけの集客法では後が続かない。

やはり、経営者のあなたが求めているお客様がお店に来てくれるというのが、本当の集客なんです。

今は特にお店の前に行列なんて作っていたら、周りから白い目で見られます。

誰でも彼でも集客していて自分が求めていないお客様が来たら、お店は良くはならないのです。

あなたもお客様も気持ちよくお店の経営をするためには集客法をしっかり考えて行動して下さい。

焼き鳥の技術をしっかり覚えて本物にならないと勝てない世の中

焼き鳥というのは、当然部位により焼き方を覚えないといけない。

肝・せぎも・もも・ずり・こころ・テール・皮など部位は多いですね。

こればかりは焼き方を教わり、何度も何度も焼いてみないとわからないものであります。

焼き師により串打ちや焼き方は変わります。

以前までは僕は、3か月の修業で独立ということで素人の方、脱サラの人に教えてきました。

しかし、今は焼き鳥経験者に向けて、高級焼き鳥店創りをお教えしている。この場合は未経験の人では難しいと思うので、3か月で身に付けることは不可能になってきたんです。

経験者の方なら、もう既に焼きの腕もあるし、串打ちもできる。

あとは、高級店にするための考え方や行動を変えればいいだけなのです。

しかしながら、今までの自分のやり方を変えるのは難しいことかもしれない。

今までの自分の経験や、プライドがジャマしてしまうものです。

世の中はもう変わってしまっている。

この変わってしまった世の中に生きている以上は自分の考え方を変えないと飲食店は生き残っていけないのであります。

安売りをしているお店や、値引きでお客様を集めているお店、生産性の悪いお店を作ってしまったら、利益が上がらないお店になり潰れてしまうのです。

今までは、たくさんのお客様を集めてきたかもしれません。

しかし、今後もコロナの影響は大きく、人の動きは変わります。

今までのような経営方針では、やっていけないと考えられます。

これなら、今まで以上に腕を上げて高級なコース料理の焼き鳥店にするしかないのではないですか?

緊急事態宣言の中、アルコールなしでもいいというお客さんがいた!

緊急事態宣言で居酒屋は、休業するかアルコールなしで8時までの営業で行くのかという選択に迫られた。

そんな時に、僕のお店に緊急事態宣言の前にご予約を入れてくれていたお客様がいたのです。

そして予約を断られるのかと心配していたが、そのままご来店してくれるというので、非常に嬉しく思いました。お酒抜きでも、お料理を楽しみにしてくれるなんて本当に嬉しく、ありがたいことです。

コロナで変わった世界

コロナで世界が変わりました。

世界も変わってしまいました。

こんな時は、やはりやり方を変えるしかないのです。

そして、飲食業のこの世界で生き残ってみせるという

強い意志が必要です。

僕は絶対に逃げない。

飲食店個人店を経営しているあなた、頑張って生き残って下さい。

 

人間力こそが店舗力

お店の売り上げが上がらない……どうしたらいいんだ!

なんて悩む前に自分の人間力を上げる事が大切です。

人間力のないお店には人は集まらない。

まずは、勉強して自分を成長させることを考えて下さい。

そうすれば店舗力も上がりお客さんは自然に集まってきます。

高級店だからこそ、こだわりを!

高級店でありながら、こだわらないのはいけません。

炭は最高級を使い、野菜も無農薬で採れたてを使う。

使っている野菜は、「高槻あぐり」という社名の野菜、

 

そして炭は日高さんが作っている宮崎日向備長炭です。

やはりいいものにこだわればいいものが作れます。

鶏のもも(焼き鳥)は種類によって焼き方は変えろ!

鶏のももは、なんでもかんでも同じように焼いてはいけない。

鶏の種類により焼き方というか仕上げ時間は変わる。

若鳥と地鶏の焼き加減は当然変わる。

どれもこれも、同じではダメなんです。

地鶏なら、大和肉鶏、天草大王、阿波尾鶏、それぞれ変わってくる。

一度試してみて下さい。

あらゆる鶏を美味しく焼くコツがあるのです。

感動を売る!

飲食店の仕事ってなんだろうか?

美味しい料理を作っていればいいと思っている方は多いのではないか。

感動のお料理、感動の接客。キーワードは感動であります。

僕は、焼き鳥だけを売っているわけではない、感動を売っているんだという気持ちが一番大事だと思っている。

お客様を感動させて下さい。感動です。