やきとり修行が9日から始まる。

やきとり修行が9日から始まる。

それも、5日間だけの修行や。

これは、忙しくなるぞ。

今までみたいに3か月でじっくり教えると

言うわけにはいかない。

それだけに、計画が非常に大切になってくる。

修業が終わってからのサポートを大事やな。

島根県の人やから、現地までちょくちょく出向くわけにはいかないので

オープンするまで、オープンしてからのメールサポートが

ほんまに重要になってくる。あさってから5日間気合いいれていかなあかんな


★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
⇒「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中



焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ



料理のレシピは社員にも教えないようにする。

焼き鳥学校 まことやの前田道場では、まことやの社員でも

重要なレシピは教えないようにしています。

例えば、つくね、とりかわ大王、万能スパイス、鶏スープ、

焼き鳥のタレなど。

これは、前田独自のレシピがあるからだ。

串打ちや焼き方なども、僕独自のやり方はあるけど、串打ちなどはマネできるので仕方がない。

しかし、レシピを教えてをしまえば、パクって独立してしまう人もいるかもわからないからだ。

前田道場で費用を払い、しっかりと修行を積み卒業した人以外には命であるレシピは教えない。

しかし、まことやで一生勤めて命を懸けてでも僕と一緒に、まことやを発展させていこうという気持ちの人がいたら教えたいと思いますね。

僕が31年間かけて作ってきたレシピやから、ほんまに大事にしたい。

僕も、この前58歳になり、あと2年で還暦を迎える。

もう、ええ歳になってきている。

僕の考え方を受け継いでくれるような熱い人がいてくれたら嬉しいと思う。

現在も継続して女将を募集しているのでブログを見た人は

お問い合わせ下さい。

 


★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
⇒「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中



焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ



9月から焼き台を1つ増やしてアルバイトの子に焼き方教えます。

今までは、まことやでは自分一人で焼き鳥を焼いてきました。

 

しかし、串焼きを増やした現在では一人では焼くスピードが遅れてしまう。

ということで、早く誰かに教えないといけない。

そして、これから新店のオープンなども考えていかないといけないし

僕は、焼き鳥開業技術アドバイザーやコンサルタントの仕事にも

集中しないといけないのであります。

そこで、最近は女子大学生の子に焼き場を教えている。

その子は焼おにぎりを焼けるようになりました。

できることからコツコツとやっています。

その女の子は、人見知りな感じだけど、芯がつよくて

一生懸命やる子なので期待している。

現在は、就活中で来年は卒業なので教えても仕方がないと

思うかもしれない。

しかし、こうすることで何かが変わってくるはずやと思う。

他のアルバイトの人も変わり、自分も変わっていく。

そして、まことやはさらなる発展が待っていると感じる。

たとえアルバイトといえどもいい焼き師に育てたいと思っている。

 


★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
⇒「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中



焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ



マンネリを防げ

お店をやっていると、だんだんとワンパターンになり気持ちが続かなくなる人は多いと思います。

お店に行き、仕入れをして仕込みをして営業して最後に発注作業して片付けをするという作業が毎日なのである。

毎日同じことをして、マンネリ化してしまう店主たち。

これではあかんのです。お店というのはお店自体もスタッフも油断すれば

どんどん劣化してしまうのであります。

スタッフの気持ちの劣化というのはお店の運営に響いてきます。

僕の元から旅立ち、自分のお店を開業してから日々気持ちが緩んできます。

いつまでも、お店をオープンした時の気持ちを忘れずに

毎日フレッシュな気持ちで、日々の営業をしていきましょう。

自分がマンネリ化してしまうと、お客さんまでマンネリを感じるのです。

そうならないために、さぁ今日も楽しんでやりましょう。

 


★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
⇒「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中



焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ



焼き鳥修行の焼いた鶏がだんだん美味しくなってきた。

現在、焼き鳥修行に来ている方の焼いた鶏が旨い!

初めて焼いたころは、自信がないと言っていたが

今では、自分で焼き方を工夫しながら焼くようになり

だんだんではあるが、焼き師の顔になってきたように感じる。

1か月で、ここまで出来れば上出来である。

これから、1か月間は焼き鳥を焼き続ける。

次の1ヶ月で、また進化することやろうな。

5月後半か、6月前半からはお店の営業に入る。

前田道場を卒業するころには、かなり立派になってるはずや。

そして、7月中旬くらいにはオープンやな。

ほんまに楽しみや。

 

 


★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
⇒「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中



焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ



値段が高いお店でもいいではないか。本物を目指せば…

人は、お店が暇だと、ついつい安売りに走ってしまう。

周りには、大手チェーン店がひしめいているので

そこに対抗していかないと勝てないと言ってチェーン店に合わせて

価格競争をしてしまうのである。

そして、個人店は安売りのせいでお店を潰してしまう。

安売りしても、一時はお客さんも集まるであろう。

そやけど、安売り戦争に巻き込まれたらもう終わりや。

それよりも、高い値段のお店にしても本物のお店を目指せばいい。

お客さんはわかってくれるはずや。

「まことや」という屋号は、「本物でありたい」という

思いを込めてつけた屋号や。

日々、進化し本物を目指している。

焼き鳥は、当然本物。

そして、人としても本物を目指している。

これからの時代は、本物が生き残る時代になってくる。

みんなも、本物の店作りを心がけて下さい。

絶対に、最強で最高のお店になっていくはずや。

僕の元から、焼き鳥屋開業した人達も本物目指して

素晴らしいお店にして下さい。

いつも応援しています。

 

 

 

 


★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
⇒「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中



焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ



焼き鳥の焼き方の修行が始まる

今週から、焼き鳥の焼き方の修行が始まる。

いよいよやな。

自分の手腕が問われるときや。

自分は、若い頃に師匠に教わったのは

「料理は愛情や」ということ。

焼き鳥をおいしく焼くコツは「愛情や」

自分もお弟子さんには、そう教える。

自分が串打ちした鶏を、美味しく食べて頂きたい

そんな思いがあるからこそ焼き鳥に愛情が入るのである。

心を込めていない愛情のない焼き鳥は美味しく感じられないのである。

当然、炭の組み方、火加減、串打ちの仕方も大事である。

そやけど、最終的には愛情である。

忙しくて、多少オーダーがの提供が遅れてもいいではないか。

心を込めて、毎日焼き鳥を焼きたいものですね。

 

 

 


★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
⇒「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中



焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ



躊躇するな!思いきっていけ~~

人は、何かを始めるときにどうしても躊躇してしまう。

こうしなければいけないということをわかっていても

先に悪いことが起こるんではないかと躊躇するものです。

最近ある人から、「突き抜けて下さい」と言われた。

突き抜けないと、今の現状は変わらない。

ここで躊躇していては、何も変わらないことは自分が一番よく知っているはず

そう、このブログでこの記事を読んでいるあなたも、きっと

そんな経験があると思います。

しかし、自分がやらないといけないことを怖がってできなかった

そんな時に、あとから後悔が残るだけやったこと忘れていないかということ。

躊躇せずに、なんでも前を向いてやる事は人生で一番大事やな。

今から、あなたも突き抜けた人生を送りませんか?

そうすることで貴方の人生は、かなり変わるはずです。

みんなで、今の殻を突き破り明るい楽しい人生を送りましょう。

 


★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
⇒「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中



焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ



焼き鳥修行の方が4月から来る。

焼き鳥修行の方が4月から来ることが決まっている。

7月ごろにオープンの予定や。

脱サラから焼き鳥開業というのは、ほんまに勇気のいることや。

かなり、腹をくくらないといけない。

その勇気に応えるために、自分も必死で教える。

自分のもっているものすべてを出し切る。

今の時代に商売するのは、非常に厳しい。

お店を開店したからといって、そう簡単にはいかない。

ほんまに強い信念が必要や。

お店をオープンするのは、楽しい。

そやけど、オープンしてからが勝負や。

商売は、良い時もあり悪いときもある。

悪い時は、それを乗り越えるために必死で考え行動し努力することが大事や。

自分は、いつも立ち止まることはしない。

日々進化しようと、頑張ってるんです。

その頑張りが、今のまことやを支えています。

焼き鳥開業には技術も必要やけど、それよりも必要なものは心やと教える。

焼き鳥は、心で焼く。

接客も心や。

愛がないと、お店は繁盛しない。

その気持ちを、修業の3か月で教えていきます。

 


★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
⇒「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中



焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ



思い続けて思い描くことや。

現在、自分は「まことや」を運営しながら焼き鳥専門のアドバイザー

(コンサルタント)をしている。

こんなことがしたいと10年間思い続けていた。

そして思い描いてきた。

このブログを始めた頃は、まだまだ認知されていなかったが

絶対に成功すると信じてやってきた。

絶対にブレずにやってきた結果、自分の元で焼き鳥の修行をして

3か月で焼き鳥屋開業する人や、繁盛店にするための相談も増えてきた。

絶対にあきらめないという気持ちを持ち続けたからや。

これからは、地方からや外国からも修行に来て海外にも自分の弟子が

開業するということも考えて描いている。

こんなことは、「実現不可能やろ」と思う人が殆どの中

自分だけは情熱を持って行動している。

世の中焼き鳥屋だらけになるんちゃうかと思うくらいに

焼き鳥屋を増やそうと思っている。

自分の焼き鳥の技術や、心を受け継いでくれる人がいれば嬉しい。

そして、まことやにも自分の後を継いでくれる人がいれば

来てほしいとも思います。

人が足らないから、誰でもいいわけではない。

人が足らなくても、お店を乱す人は採用はしない。

人財採用にも、これから思い描いているような人しか採用はしない。

どんなことも、ブレずに自分の思いをずっと、

まっすぐに貫いていきたいですね。

 


★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
⇒「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中



焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ