がんになってから、現在までを振り返る

人間は生きていても、いつ何が起こるかわからない怖さがある。

僕が経験したガンというのは、非情にも登り調子だった時の自分を襲った。

40歳というパワーあふれるときに、襲ってきたのであります。

あれで人生が狂ったのは確かやけど、それも運命やと受け止めて生きてきた。

そやから、もう何も怖いもんはないんですわ。

今回、書いた「がんから社会復帰!その軌跡!」という電子書籍の中に

その思いというのをびっしり書いている。

この本は、紙の本でも6月18日からアマゾンから販売されます。

その本の中でも、この時の状況が書かれています。

40歳の時に、独立してお店を開店しようとした半月前にガンの宣告を受けた

不運な男

しかし、幸運にも命は助かった。

病気から学んだことは多いし自分を変えてくれ強くしてくれた。

そして、優しい人にしてくれた。

そして、思うことをすぐに行動に移せるようにしてくれた。

幸運にも助かった命を大事にして生きていきたい。

今は、そんな気持ちが強い。

そやから、1日、1時間、1分、1秒がほんまに大切や。

今日も、大切な時間を楽しく面白く、有意義に過ごしていきたいものですね。

 

 



★「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中


焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ




馬刺し欲しい人はこちらへ


1年は振り返らない。

この1年間、いろいろあったなぁ

いいこともあり、悪いこともありです。

悪いことというよりは、イヤな思いをしたこと‥‥

思いだすと悔しくなり腹立たしくなる。

思いだしたくないことがある。

1年を振り返ったって、心まで過去に戻ってしまう。

これではあかんと感じる。

そやから過去は振り返らない。

未来の目標に取り組んで、さらにまことやを発展させていきたいですね。

ところで……今日は仕事納めやな。

今日も1日、最高にまごころこめて鶏を焼きますよ。

本当に1年間ありがとうございました。

いつもいつも感謝しています。

 

 



★「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中


焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ




馬刺し欲しい人はこちらへ


健康管理は、ほんまに大事やな

自分は、今年57歳になった。

少し疲れるようになってきたかな…

そんなことを感じるようになってきた。

今、体を壊してしまったらお店を閉めないといけない。

そやから、いつも健康でいないとあかん。

そこで、健康のために自分がいつもやってることを紹介します。

●週に2日くらいの、ジョギング

●朝ベランダで、日光浴しながら腹式呼吸

●朝ベランダでのシャドーボクシングと腕立て伏せ

●毎日、嫁さんが作るR-1入りの手作りヨーグルトを食べる

●寝るときは必ずマスクをつけて寝る。

●水をよく飲むようにしている。

●血行を良くするためのマッサージをする。

こんな感じで、毎日やるのが自分の健康法やな

皆さんも、一つでもやれることがあればやってみて下さい。

健康第一やからね。

 



★「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中


焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ




馬刺し欲しい人はこちらへ


ボクシングでダイエット

前回は、鶏料理でダイエットしようということを言いました。

今回は、鶏とプラスしてボクシングの練習でダイエットしよう。

ボクシングは全身運動なので、非常に健康にいいしダイエットにもいい。

殴り合いさえしなければの話なんですけどね。

ボクシングの練習法を紹介しますと、

まずは準備体操をして、ストレッチします。

ストレッチだけでも、基礎代謝が上がるので痩せやすい体質になります。

その後は、

ロープスキッピング(縄跳び)をします。(3R)

シャドーボクシング(3R)

ミット打ち(3R)

サンドバッグ(3R)

シャドーボクシング(3R)

最後に、腕立て伏せや、腹筋など軽い筋トレをしてストレッチをして終了

ボクシングの練習としては、こんな感じですね。

ジムに通わずに自宅で練習するなら、庭にサンドバッグを

つるしたりしないといけませんけどね。

ミット打ちなども、ジムに通わなければいけないですけど…

自宅でやるなら、シャドーボクシングを毎日やるだけでもかなり効果的です。

僕も朝起きて、ベランダでシャドーボクシングしています。

ワンツーの練習だけでも、腰をひねるので腰回りは、かなり細くなります。

とにかく気長に、毎日やることが大事や。

毎日できるくらい、無理なくやり習慣にすることが大事やな。

腕立てや腹筋も軽く20回くらいでもいいので、毎日やることです。

こうやって、運動をして鶏料理を中心に食べていけば必ず効果はでます。

夜中に食べたり飲んだりしてはNG

暴飲暴食も絶対にあかんよ。

夜中に、お酒を飲む習慣や炭水化物を食べる習慣をやめただけでも

1ヶ月2キロくらいは痩せるはずです。

僕に時間があれば、ボクシングを教えたいのですが……

ボクシングに関する質問などあれば、聞いて下さい。

ダイエットの相談にも乗りますよ。

 



★「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中


焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ




馬刺し欲しい人はこちらへ


焼き鳥歴30年やけど焼き鳥に愛情がなくなったら終わり

焼き鳥暦は、今年で30年目になるけど、まだまだ修行のつもりで焼いている。

お客さんからは、美味しいとほめられるけど、

そんなことで調子にのったらあかん。

僕自身は、「経験なんかよりも愛情を失ったらあかん」

そう言う思いで日々精進している。

よそのお店と比べる気は、さらさらないですが

僕が、他の焼き鳥屋さんに勝っていると思うのは

焼き鳥の旨さ、技術などよりも愛情やと思っている。

料理は「心」料理は「愛情」この一言に尽きる。

この土台がなくなると、たちまちお客さんは離れていく。

お客さんが離れていけば、お店は潰れる。

恐怖ですね。

料理も愛情、接客も愛情です。

愛情があるからこそ、お客さんから「焼き鳥が美味しい」と

言われるのです。

決して焼き鳥歴30年と、ふんぞり返らない。

昨日よりも、「旨い焼き鳥」今日よりも「旨い焼き鳥」

その気持ちが一番大事や。

手を抜けば終了してしまう。

だから、自分の体調を万全にして焼き台の前に向かう。

そして、毎日緊張して集中して焼き場に立つ。

「焼き鳥歴30年」よりも「愛情暦30年」

そんな気持ちで毎日焼いているんです。

僕よりもベテランの焼き師はたくさんいるはずです。

そんな焼き師の人よりも、美味しい焼き鳥を焼くには

どれだけ串の1本1本に愛情をかけるかなんです。

僕も、まだまだ今の自分に満足はしていません。

満足してしまえば、終わると感じています。

すべてにおいて、日々進化していきたい。

そして、世界のまことやと言われるくらいのお店になりたいね。

 



★「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中


焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ




馬刺し欲しい人はこちらへ


中小企業診断士の勉強のやり方。

現在、中小企業診断士の勉強をしているわけですが

復習が大事なので常に動画で音声を聞くようにしている。

勉強のやり方としては、朝早く起きて聞きながら

ノートに必要事項を書く。

そして、お店に行って前日のレジを計算している時に

聞くようにしている。

その後、仕込みをしながら音声を流している。

そうすることで、自然に頭に入るようにしている。

同じ項目を、何度も復習して理解を深めている。

学生時代は勉強嫌いで、まともに勉強しなかったので

大変かもわからんけど、57歳のチャレンジ!

60歳に中小企業診断士の資格を取る。

これを成功させたい。

させんとあかん。

今、一つの目標に向かって頑張ってるで~~



★「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中


焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ




馬刺し欲しい人はこちらへ


アルバイトの人達がよく頑張ってくれている。

最近、アルバイトの人達が良く頑張ってくれている。

社員がやめて、もっとしんどくなると思ったが

その分アルバイトの人が助けてくれている。

アルバイトの人達も、今までよりもさらに明るく

楽しく仕事をしてくれている。

嬉しい限りです。

しかし、現在のアルバイトの2人は就職も決まり

学校も卒業してしまう。

残るのは、主婦の人が1人になる。

主婦の人も、子育てしながら懸命に努力して

手助けしてくれている。

非常に期待している。

今は、まだまだ仕込みを覚えている最中ですけど

3ヶ月もあれば社員並みになることでしょう。

心がある人

今いるアルバイトの人達には心があるんです。

僕に対しても、心を持って接してくれる。

非常に嬉しいことです。

昨日は、アルバイトの男の子に「ひねの炎焼き」を教えた。

アルバイトにだって焼き場を教えたい。

心さえあれば、焼けるんですよ。

やる気と心がある人には何でも教えたいと思う。

アルバイト主体でやりアルバイトから社員へ

これからのまことやは、アルバイト主体でやる予定や。

不器用な人でもいい、素直で謙虚な人がいい。

僕は、基本的に人の失敗は怒らない。

しかし、やる気がなく素直じゃない人には怒ることもある。

今まで、飲食業界で30年やってきて、たくさんの

アルバイトの人達と働いた。

その当時アルバイトしていた学生も、今では40歳以上に

なっている人も多い。

みんな社会人で頑張っている。

たまにお店に来てくれたりする。

ワインの会社に働き、たまに挨拶に来てくれる人もいる。

アルバイトの人達はいずれ卒業するけど

その人達の将来をみるのも楽しいもんやな。

そこで、アルバイトからでも焼き鳥屋になりたいという

人がいれば社員として迎え入れたいと思う。

アルバイトとして働き、お互いに信頼関係ができてから

社員として働くのが一番いいですね。

信頼関係ができたお店というのは繁盛する。

みんなが一体となって頑張るお店はいいお店や。

そんなまことやの一員として働きたいという人は

来てほしいですね。

 

 



★「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中


焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ




馬刺し欲しい人はこちらへ


中小企業診断士の勉強を始める。

中小企業診断士の教材を買い、昨日すべてダウンロードした。

さぁこれから勉強が始まる。

内容を少しだけ見てみたけど、訳がわからんなぁ

学生時代は、あまり勉強もしなかった。

57歳で、こんなに頭を使う勉強をするのはしんどいことやな。

そやけど、これをやらないと次のステップを踏めないと僕は思う。

そやから本気でやってやろうと思った。

これから、勉強して60歳までには中小企業診断士の資格を取る

一つの目標を達成するために頑張ろう。

 



★「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中


焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ




馬刺し欲しい人はこちらへ


焼き鳥修行の人の面談は明日や

明日は、焼き鳥修行をしたいという人の面談がある。

どんな人が来るのか?

不安半分、楽しみ半分という感じや。

1年後に焼き鳥屋開業を目指しているとメールでは言っていた。

かなりの強い意志で来ることでしょう。

これから商売というのは、甘い考えではできない。

当然、「焼き鳥屋くらい簡単だ」と甘い考えで来る人もいるが

そんな人は開業しても上手くいくはずがない。

今回の修行の人は、嫁さんと子供二人、そして嫁さんの両親も同居

ということで、すごい決心の元で来ることでしょう。

素直で謙虚な人であってほしいと願い、期待している。

明日、楽しみやなぁ~~



★「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中


焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ




馬刺し欲しい人はこちらへ


「仕事」から「志事」へ移行しよう。

仕事の意味って何やろうか?

そんなことを考えていた。

本来仕事とは単に「すること」という意味でしかなかったようだ。

それが、「すること」でもあり「すべきこと」でもある。

その「すべきこと」が生きていくために働くことになり

「職業」も意味するようになったという。

やがて、「お金を稼ぐために行うこと」「職業」という意味で

「仕事」を用いることが多くなったらしい。

「仕事」という言葉は、あまりいい言葉ではないように思うのです。

大体の人は、朝起きたら「あ~今日も仕事か」とか「明日から仕事イヤだな」

なんて仕事に対して、楽しくないような言葉ばかりが聞かれる。

そんな人は、なんのために働いているのかわからない。

僕は、ガンになった時に仕事を失った。

そやから働けることには非常に感謝している。

もし、貴方が仕事をお金稼ぐためだけのものだと思っているなら

「仕事」を「志事」というように変えてみたらどうだろう。

「志事」というのは、志(こころざし)をもってやる事

これは信念です。

これを絶対やるんだという「志」「信念」をもってやる事。

あなたも、仕事がイヤと思うなら

「仕事」を「志事」に変えて働いてみてはどうですか?

人生変わると思いますよ。



★「がんから社会復帰 その軌跡とは!」アマゾンで販売中


焼き鳥屋開業で失敗しにくい方法を教えます 脱サラから焼き鳥屋を開業したいというあなたにおすすめ




馬刺し欲しい人はこちらへ