お客さん一人一人が見れないくらいの忙しさやった。

金曜日は、夜のアルバイトが一人もいなくて仕込みの女性に夜の営業に入ってもらった。

まだ慣れていないのもあるが、これは忙しすぎやな。

俺も、一人で料理つくらなあかんからテンテコマイや。

焼き鳥も、殆どなくなり疲れたわ。

今の状況をなんとかせなあかんな。

このままやと、お客さんを減らしてまうがな……

今は、一度やめた女性がもう一度お店に戻ってきて手伝ってくれているが

その女性が、就職を決めてやめてしもたら店は大変や。

これからは、お店を一人で営業するようなことが無いようにせなあかん。

そのためには、アルバイトといえども、もっとお店のことを考えてくれるような人を育てなあかんと思っている。

そうせな、まことやは進歩していけへん。

今日は、料理を作ることに必死になり過ぎて、お客さんの事を心配することもできへんかった。

ほんまにこれではあかん。

もっとお客さん一人一人のことを気使えるような余裕を持ちたいもんやな

そのためには、これからはアルバイトの子達を教育していかなあかんな



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)を販売しています。
⇒お申し込みはこちらへ

⇒前田塾で修行を考えている方はこちら

★これから、焼き鳥屋を開業したいという方に送るメルマガに登録する方はこちら
⇒焼き鳥開業のための有料メルマガ


乱立する決済を一つにまとめる共通QRコード決済【TakeMe Pay】



年齢のギャップを埋めるには真剣さしかない。

現在、僕のお店では若いアルバイトの子が多い。

僕との年齢差は、35歳~40歳くらいある。

そんな若い子達と話が合うはずがないのである。

しかし、遠慮して仕事を教えているとお店が良くならないし

その子達の成長にも関わる。

若い子は若い子の考え方があるかもしれない。

しかし、僕らは真剣に若い子達と接していかないといけないのある。

叱るときは叱って教育していかないとあかんのです。

時に、無断欠勤してそのまま来なくなった子もいたりします。

そんな子でも平気で給料だけはもらいにきたりもします。

常識がない子がたまにいます。

それでも、正しいことは何なのかをしっかり教えていかなあかん。

歳の差で、何も教育できないと、すべてがメチャクチャになる。

これから、いいお店作り、いい人間創りをしていく。

大切ですね。



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)を販売しています。
⇒お申し込みはこちらへ

⇒前田塾で修行を考えている方はこちら

★これから、焼き鳥屋を開業したいという方に送るメルマガに登録する方はこちら
⇒焼き鳥開業のための有料メルマガ


乱立する決済を一つにまとめる共通QRコード決済【TakeMe Pay】