最低賃金が10月から936円になる!

またまた、アルバイトの最低賃金が上がる。

どないなってんねんっていう感じやな。

これ決めてんのは厚生労働省か……

日本の景気を良くしようという対策らしいが

上手くいっていないのは確かやな。

アルバイトの時給が上がれば、経営者はなんとか人件費を

抑えようとするのは当たり前や。

そうすると、一日のスタッフを減らして労働生産性を上げようとする。

人を減らし、メニューを減らしサービスは悪くなってしまう。

悪循環になるばかりである。

しかし、お店のサービスが悪くならないように、アルバイト一人一人の

能力をアップしていかないといけないが、厳しくし過ぎると

すぐにやめてしまうのである。

こうやってアルバイトの最低賃金が上がるたびに企業は苦しむ。

アルバイトの最低賃金は上がるが、社員の給料は上がらないと

ぼやく人も多いのではないか……

社員の給料を時給換算すると、きっと500円~600円くらいだろう。

社員として働くよりは、アルバイトで働いた方が稼げるということで

社員になろうという人は少なくなる。

単純に考えるとこうなる。

これで利益を上げようと思うなら当然メニューの値上げをしたり

料理に工夫が必要になってくるのである。

そうしないと、お店は潰れてしまう。

おまけにいずれは消費税まで上がる。

その税金は、あまり有効には使われていないように思うのは自分だけなのか?

世の中のやり方は、間違ってるんやないかと思っても

中小企業の経営者が、日本を変えることはできないのである。

それに合わせて対策を立てて、生き残りをかけて経営していかなあかんのです。

飲食店経営者の皆さん、弱音を吐かずに真剣に工夫して

楽しく頑張っていきましょう。

 



焼き鳥屋(飲食店)で失敗しにくい開業法(おまけにメニュー作成法、料理の基礎、暇なお店を回復させた方法を付けてます。)を販売しています。
⇒ご購入はこちら

⇒前田塾で修行を考えている方はこちら

★この本は僕が書いたノンフィクションです。がんになりどうやって立ち直り、どんな風な考え方で社会復帰できたかを書いています。
がんから社会復帰 その軌跡とは!: がんを克服し、社会復帰するまでに自分がした行動と考え方 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)



paypayまだ導入していない店舗様はこちらへ